就活の心得・マナー

【就活の心得】身だしなみ編

【就活の心得】身だしなみ編

これから働こうとしている方、就職活動をはじめる準備は整っていますか?面接の受け応えはもちろん、身だしなみもばっちり整えていかなければなりません。どうして身だしなみをきちんとしていかなければならないのか?あなたは知っていますか?

顔まわりの身だしなみ

【髪の毛、お辞儀しても崩れない?】
髪の毛は見た目の印象に大きく影響するパーツです。面接官にお辞儀して髪を直すというのはあまり印象がよくありません。目にかかるような前髪、顔を覆うような髪の毛の長さは新入社員として「清潔感」が欠けていると見なされます。ピンやワックスでお辞儀しても手直しせずに済む髪型で面接に挑みましょう。

【顔の身だしなみって?】
男性なら、ヒゲは剃っていくこと、女性ならメイクをしていくことは人に会うマナーの一つです。人ははじめて会う時に初めに顔を見ます。清潔感は人に良い印象をもたらし、不清潔だとだらしない印象を与えます。自分が面接官になったとして良い印象と思う顔の身だしなみをしてみてください。

身に付ける身だしなみ

【スーツはみんな同じじゃないとダメなの?】
就職活動というとみんな黒のスーツを着て同じような靴、カバンをもって歩いているイメージですよね。自分らしさをアピールしたいのに黒のスーツを着ないといけないとモヤモヤしているかもしれません。

【面接官に敬意を払う服装がスーツ】
なぜスーツを着なければならないのか、どうしてジーンズじゃダメなのか。それは会う人に対しての敬意を払う必要があるからです。あなたのために時間をとってくれた面接官に対して敬意を払う格好であればどれでも構いません。多くの人にとってそれがスーツという形に表れているのです。

【紺でも黒でも茶でも自分に似合うものを】
スーツは自分に合うものを選びましょう。サイズ感、色、形同じように見えて人ぞれぞれ違ってきます。また、面接で個性を見せるのは服装ではないということは頭に入れておきましょう。面接官に対して不快感を与えないような服装で行くことです。ジーンズよりもスーツの方が面接には適した服装と言えるでしょう。

【靴までしっかり見られている!?】
そして、足元もしっかり準備していきましょう。靴がホコリまみれになっていませんか?雨に濡れたままで放置していませんか?靴もあなたの就職活動をしっかりと支えています。人が気づきにくい靴の手入れも行うこと準備が整います。

まとめ

【基本を制してこそ面接官に好印象を与える】
何事も基本があっての応用です。まずは人に不快感を与えない身だしなみで面接に行くことです。身だしなみは自分をアピールする方法の一つです。スキルはなくても清潔感、爽やかさといった新入社員に必

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ