/category/knowledge/post-23122/

就活の心得・マナー

  • お気に入り
  • 6241SCORE

就活相談を受ける中で気付いた!【就活生にありがちな〈3つ〉の思い込み】

就活相談を受ける中で気付いた!【就活生にありがちな〈3つ〉の思い込み】

こんにちは!学生ライターのりんです。
 
私は、後輩から、
 
「ES添削してください!」
「就活の相談に乗ってください!」
 
とお願いされて、就活相談を受けることが多いのですが、
 
その中で、いつも
「それ、思い込みだよ!」「決め付けちゃもったいないよ!」
と、言っている気がします。
 
でも、それって就活を経験した、終えた身だから分かることであって、
就活生にとっては分かりにくいことなのかもしれません。

そこで、私が就活相談を受ける中で感じた、就活生にありがちな思い込みをお伝えします!

思い込みその1:やった気になってるマン

思い込みその1:やった気になってるマン

「就活どんな感じ?」と聞くと、
「説明会に参加したり、選考も受けたり結構就活やってます!」
と答えてくれる就活生が多いのですが、
 
「何社くらい?」
と聞くとあんまり多くないです。数が少ないことは問題ではないのですが、
就活はやることが沢山あって忙しい為、就活を「やった気」になってしまうんですね。
 
この「やった気になってるマン」になってしまうと、
WEBテストを受けた時に撃沈したり、面接で痛いところを突かれたり、と痛い目を見るまで気付けないのです!
 
私自身も、就活初期にセミナーや説明会を詰め込んで、予定がいっぱいになっているのを見て、就活をやった気になっていたり、また、1次や2次など初期段階の面接に合格し、
 
「就活ってこんなものか~簡単だな~」と思い込んだりしていました。
 
結局、役員面接や最終面接で落とされて、やっと自分は未熟なんだと気付くこ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ