就活の心得・マナー

就活相談を受ける中で気付いた!【就活生にありがちな〈3つ〉の思い込み】

就活相談を受ける中で気付いた!【就活生にありがちな〈3つ〉の思い込み】

こんにちは!学生ライターのりんです。
 
私は、後輩から、
 
「ES添削してください!」
「就活の相談に乗ってください!」
 
とお願いされて、就活相談を受けることが多いのですが、
 
その中で、いつも
「それ、思い込みだよ!」「決め付けちゃもったいないよ!」
と、言っている気がします。
 
でも、それって就活を経験した、終えた身だから分かることであって、
就活生にとっては分かりにくいことなのかもしれません。

そこで、私が就活相談を受ける中で感じた、就活生にありがちな思い込みをお伝えします!

思い込みその1:やった気になってるマン

思い込みその1:やった気になってるマン

「就活どんな感じ?」と聞くと、
「説明会に参加したり、選考も受けたり結構就活やってます!」
と答えてくれる就活生が多いのですが、
 
「何社くらい?」
と聞くとあんまり多くないです。数が少ないことは問題ではないのですが、
就活はやることが沢山あって忙しい為、就活を「やった気」になってしまうんですね。
 
この「やった気になってるマン」になってしまうと、
WEBテストを受けた時に撃沈したり、面接で痛いところを突かれたり、と痛い目を見るまで気付けないのです!
 
私自身も、就活初期にセミナーや説明会を詰め込んで、予定がいっぱいになっているのを見て、就活をやった気になっていたり、また、1次や2次など初期段階の面接に合格し、
 
「就活ってこんなものか~簡単だな~」と思い込んだりしていました。
 
結局、役員面接や最終面接で落とされて、やっと自分は未熟なんだと気付くことが出来ました。
 
第一志望の企業で私のようにならないように、
やった気になってるマンから脱却しましょう!

思い込みその2:多分向いてないマン

思い込みその2:多分向いてないマン

「○○業界を志望しています!」
「××業界は受けていません」
 
と話してくれる就活生に、
 
「何で××業界は受けていないの?」と聞くと
 
「○○業界って真面目そうじゃないですか~私には向かないです」
と、何となくイメージで答える、明確に答えられない人が多いです!
 
こう答える就活生は、
自分の思い込みによって業界を絞ってしまい、説明会にすら行ってない場合がほとんどです。
 
私たちの知っている企業や業界の仕事は、ごく一部で、知っていると思っていた職業でも、
実際に働いている人の話を聞くと意外と奥が深く新たな魅力に気付くこともあります。
 
 
興味がない企業の選考を受ける必要はないです。
でも、業界や職種理解セミナーに参加する、各業界の有名企業1社だけでも良いので説明会に行ってみるなどして
本当に興味がないのか、を確かめてみてください。
 
自分が知っている世界の外に、自分に最適な仕事があるかもしれませんよ!

思い込みその3:御社しかないマン

思い込みその3:御社しかないマン

説明会での印象が良かったり、選考がトントンと進んだりすると、
志望度が上がり、急に「御社しかありません!」と思い込んでしまうタイプがいます。
 
御社しかないマンになってしまうと、
「面接で他社との違

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ