/category/knowledge/post-2910/

就活の心得・マナー

  • お気に入り
  • 787SCORE

【就活の心得】あなたに合った企業を見極めるコツ

就活はお見合いと言われているが、まさにその通りである。
自分に合った社風、社員が集まった組織でなければ、社会人一年目から辛い経験をすることになるだろう。

では、星の数ほどある企業の中で、どうやってあなたに合った企業を見極めるか。
参考にしてみてほしい。

①説明会で見極めよ

(1)雰囲気
説明会に入った時の企業担当者の挨拶、雰囲気、来ている学生の会話など、
この雰囲気で少しでも「あれ?思っていた感じと違うかも」と思ったら、少しマイナスポイントである。
もちろんここだけで判断するには時期尚早ではあるが、判断の一つとしては充分である。

(2)司会の能力
ある大手人材会社の説明会に行った際、
司会の人が全くパワーポイントの内容を覚えておらず説明が辿々しかった。
更に後に出てくる取締役の方との連携も取れておらず、酷いものだった。
こういった、代表として出てくる社員のプレゼン力や場を暖める力は仕事にも直結している。

新卒採用はいわば仲間集め。仲間集めに力を入れていない組織は簡単に崩れてしまう。
もし力を入れているのであれば、必ず準備万端で出てくるのが当たり前だろう。

その司会の方と仲間になりたいか?自分がやったほうが上手くいくんじゃないだろうか?
そんな風に見極めてみてほしい。

②社員交流会で見極めよ

(1)コミュニケーション力
特に大手などでは新卒数年目の社員との交流会などがある。
ここであなたの質問に対して、どのように社員が答えているだろうか。
答え方が雑だったり、「分からない」といって逃げてはいないだろうか。
あなたの目を見て話しているだろうか。
あなたは数年後その社員のようになっていたいだろうか。

(2)ストーリー性
社員は自分の会社のこと、仕事のことを、面白く、ストーリー性をもって、
話しているだろうか。語れているだろうか。
私が就活をしていた時の感覚ではあるが、自分の仕事について語れない社員が非常に多い。
仕事について、夢についてガンガン語っている社員は輝かしい。
もし数年後自分がその会社で新卒採用の担当になったとき、
自慢できる社員がいっぱいいたら楽しくないだろうか。

(3)理念の共有がされているか
是非社員に聞いてみてほしい。
「あなたの会社の理念はなんですか?何故その理念なんですか?」と。
社員全体に理念が共有し、社員の口から語れるような組織は非常に強い。
同じ方向性を向いていて、簡単なことでは崩れない。
理念の共有もひとつの指標である。

あなたの就活生活が楽しく、充実したものになることを願っている。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ