/category/knowledge/post-3208/

就活の心得・マナー

  • お気に入り
  • 888SCORE

社会人になったからこそ思う!学生の時にしておけば良かったと思う【3つ】のこと

社会人になったからこそ思う!学生の時にしておけば良かったと思う【3つ】のこと

はじめに

大学を卒業して早4年、社会人としてももはや新人ともつかない4年目。
今だからこそ、就活のとき、学生のとき、本当にやっておいたほうがいいいことを
アドバイスできるはず!

情報に触れる習慣をつける

4年間と限られた時間の中、遊びにバイトに(学業は…)、と謳歌している方が
ほとんどでしょう。というよりほぼ全員でしょうか?
それについては全く問題ありません!むしろ、全力で学生時代を駆け抜けてください!
でも…ひとつだけ。
就職活動氷河期を経験して社会人4年を経験した私が先輩ぶって、
でも、心から伝えたいこと、
それは、「新聞を読む」ということ。
「そんなのわかってるよ!」と思ったそこのあなた。
そうなのです。私自身もそう思っていました。
でも、本当に習慣にしておかないと、なかなか継続できなかったりしますよね。
全く新聞に触れずに社会人になると、あの大量の文字を読むのに慣れず大変です。
就職活動においても、筆記試験や面接において社会で今起きていることを
問われることももちろんたくさんあります。
ただ、就職活動はあくまであなたの人生の通過点のひとつ。
社会で起きていることを知らず、
教養がなくて本当に恥ずかしい思いをするのは、
社会人になってからのほうが多いかもしれません。
なので、今のうちから1日のうち10分でも、
自分の興味の持てる記事からでもいいので、
新聞に目を通す習慣をつけておくことをおすすめします!

就活だけにまっしぐらにならない

就職活動をする期間は人によって様々かと思います。
しかし複数の企業を受けたり、様々な選考過程を経ていく中で、
すぐには終わらないのが就職活動。
でも、”就活”しか頭になく、それにまっしぐらになってしまうのは、とっても危険。
時には息抜きだって必要ですし、
あらゆる世界と繋がりをもつからこそ得られる経験や視点がたくさんあります。
頭はしっかりフル回転であなたの思いの丈をぶつけつつ、
心にはゆとりをもてるといいですね!
私の就職活動時のリフレッシュ方法は、
「アルバイトの接客で誰よりも声を出す」ことでした。
これが案外、心も頭もすっきりして、前向きな気持ちになれました。
みなさんも自分なりの気分転換方法を見つけられるといいと思います。

ゴールを間違えるな!

私が一番伝えたいのは「内定」がゴールではない、ということ。
そう、「内定」はあくまであなたの夢への通過点です。
あなたの夢や目標を見据えて、それを叶えるために就職活動をするのであれば、
その先の、働いて手に入れられるものはなんだろうか、
ということを是非考えてみてください。
その夢や目標は、決して人と比べるものではありません。
あなたが信念をもって、その先を見据えて就職活動に前向きに臨むことができれば、
ステキな”縁”を引き寄せられると思います!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ