/category/knowledge/post-43918/

就活の心得・マナー

  • お気に入り
  • 6009SCORE

【そんな所まで?】意外と見られる小物の選び方【女性編】

【そんな所まで?】意外と見られる小物の選び方【女性編】

就職活動をするにあたって、見た目・服装の一部として意外と見られているのが、小物です。
小物で好印象を与える、ということはできないかもしれませんが、マイナスポイントを少しでも減らすためには、就職活動に適した小物を選ぶことが重要です。

今回は女性編です。
時計・鞄・靴のそれぞれについて、どんなものが就職活動にふさわしいか、どんなところに気をつけて選ぶべきか、ご紹介いたします。

腕時計

就職活動において、腕時計は必需品です。理由は簡単で、「それが常識だから」です。
先述した通り、腕時計をしていることで好印象を与えることはないかもしれませんが、マイナスポイントを減らすことができます。
面接官の中には「腕時計をするのは常識」と思っている人がいるかもしれません。
そこで減点されるのを避けるためにも腕時計をつけた方が無難でしょう。

また、筆記試験がある場合、スマートフォン等で時間を確認することはできません。
その場合にも腕時計は必要になってきますので、用意しておきましょう。

就職活動に適した腕時計の基本的な選び方は、「スーツに合う」腕時計です。
具体的には
・ベルトは落ち着いた色の細いもの
・文字盤はピンク、水色などでもよいが、目立ちすぎないもの
・アナログ時計
以上の3点を満たしていれば大丈夫です。

高級ブランドやスポーツウォッチなどは避けましょう。
派手なもの、ファッション性の高いものは避けて、シンプルなものを選んでおけば、スーツから浮いてしまうということがないと思います。

また、女性が男性ものの腕時計をつけるのは好ましくありません。
女性らしい細いベルトの小ぶりなものを選ぶとよいでしょう。

腕時計

鞄も時計と同様、それ自体が好印象になることはありません。
しかし、場面にそぐわない鞄を使っていれば、減点の対象となります。
また、鞄は機能性も大事です。使いやすく見栄えのよいものを選びましょう。

選ぶポイントは、
・色は黒(薄いストライプやロゴはOK)、肩にかけられる持ち手の長いもの
・机の上、床の上で倒れず、自立するもの
・A4の”ファイル”が余裕を持って入れられるもの
最低限これらを満たしているものを選びましょう。

さらに機能性を求めるならば、撥水性や、ポケットの位置やサイズなどにこだわってもよいと思います。

鞄は試着が必要ないものですので、店舗で買わずWeb上で探すことで、コストを低く抑えることができるかもしれません。

鞄

靴は服装の一部、スーツと同じように選考のポイントとして見られています。
「人柄は足元に表れる」と言われるくらいですから、面接官の中にも靴をチェックしている人がいると考えておきましょう。

就活用のパンプスは黒の本革で、太めのヒール、高さは3~5cmくらいが基本です。
この条件を満たすものを店舗で探し、まずは試着しましょう。
つま先、かかとがフィットしているか確認し、立ったりしゃがんだり歩いたりして、3分以上履き続けても疲れないものを選びましょう。
履きなれていなかったり、サイズが合わなかったりすると、脱げてしまったり、靴ずれや疲れの原因になるので、面倒くさがらずに慎重に選ぶことをお勧めします。

いろんな意見があり判断に迷いやすいのが、ストラップ付のパンプスです。
ストラップ付きのパンプスはダメ、という意見や業界も少なからずあります。
ただ、ストラップがあった方が歩きやすいのも確かです。
長時間歩く上、そこまで細かく見られない説明会などはストラップ付のものでもよいと思いますが、面接では避けた方がベターでしょう。
荷物に余裕があれば、会場近くまではストラップ付のもので行き、面接にはストラップなしで臨むのもひとつの手です。
ストラップがないとどうしても歩きにくい、長時間だと疲れてしまう、という方は2つを使いわけるのもよいでしょう。
もちろん業界や会社によっては、そこまで細かく見られず、ストラップがついていても大丈夫なこともあります。
状況によってうまく使いわけられるとよいですね。

何より大事なのは、きちんと手入れして綺麗な状態を保つことです。
せっかくスーツに合ったパンプスを履いていても、汚れていては印象が悪くなります。
革は湿気に弱いですし、傷もつきやすい上、就活中は履く機会も増えるので、傷みやすくなります。
こまめに手入れをして、きれいなパンプスで面接に臨みましょう。

靴

最後に

スーツと同様、小物も身だしなみの一部です。
面接で悪い印象を与えてしまわないためにも、必要な経費と思って、就職活動に適した小物を選びましょう。

とはいってもただでさえお金のかかる就活です。
先輩や親兄弟など周りの人に聞いてみて、頼れる部分は頼ってうまく出費を抑えるのも、ひとつの手です。

早い時期に揃えておいて、面接ギリギリになって高いものを買わなくてはいけない、なんてことにならないようにしたいですね。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ