就活の心得・マナー

どこまでOK?【就活の嘘】

どこまでOK?【就活の嘘】

 
第一志望じゃないのに「御社が第一志望です」、
まだ内定出ていないのに「他社で内定を頂いています」。
 
就活では嘘をつく人が多くいるそうです。
 
 
果たして嘘はついてもよいのでしょうか?
つくなら、どこまでの嘘なら許されるのでしょうか?
 

実際に嘘をついた人は?

 
ではまずどれくらいの人が就活で嘘をついているのか見ていきましょう。

株式会社ディスコが16卒の学生に対して行った調査では、

a0001_001352


就活で嘘をついたことのある学生は、全体の68.2%。
7割近くの学生が嘘をついているということになります。
 

嘘の内容としては、「第一志望ではないのに『第一志望です』と嘘を言った」が約7割で最も多いです(69.7%)。
次いで「他社の選考状況を聞かれ嘘をついた」47.7%、「学生時代のエピソードに嘘を混ぜた」31.7%と続きました。

嘘をついていない人を合わせても、全体の半数近くの学生は「御社が第一志望」という嘘をついているということになります。

実際に嘘をついた人は?

嘘の種類

 
就活でつく嘘にはいくつか種類があります。
 
 
① 志望度に関する嘘
② 就職活動に関する嘘
③ 志望動機・自己PRでの嘘
④ 日程変更や辞退の理由の嘘
 
 
それぞれどんな特徴があるのでしょうか?
 
バレた時のことも考えて、見てみましょう。
 

① 志望度に関する嘘

 
これは上記のアンケートでも1位になっていた、
「御社が第一志望です」というものです。
 
この嘘をつくのは、もはや当たり前になってきています。
実際企業側も「第一志望」と言われても、信じていない可能性があります。
 
 
ただ、この嘘をつくのに気をつけなくてはいけないのは、
深くつっこまれた時に答えられるようにしておくことです。
 
競合他社や業界大手ではなく、なぜその会社なのか、
ということを聞かれた時に詰まってしまうと、嘘がバレます。
嘘をつくからには、貫き通せるようにしておきましょう。
 
 
また、この嘘をつくと、この後志望度がより高い企業から内定をもらった時に、
この企業の選考を辞退しにくくなってしまいます。
企業側からすると「第一志望」と言ったのにどうして?ということになるのです。
辞退する際にも嘘をつかなくてはいけなくなることは覚悟しましょう。
 

② 就職活動に関する嘘

 
これは、他社の選考状況や、自分の活動に関しての嘘で、
「他社で既に内定をもらっています(実際にはまだ内定が出ていない)」
「他にこのような企業を受けています(実際には受けていないorもっと受けている)」

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ