就活の心得・マナー

  • お気に入り
  • 15SCORE

就活でタバコはNG?活動を始めたら出来る限り禁煙した方がベスト

就活でタバコはNG?活動を始めたら出来る限り禁煙した方がベスト

就活生が聞かれた面接時の質問に「お酒とタバコはやりますか」というものがあります。
正直にやると答えて不採用になったという例もあり、特にお酒よりもタバコを吸う人の方が印象は悪くなる傾向にあります。
何故印象が悪くなるのでしょうか、納得できる理由を知っておきましょう。

タバコを吸っていると印象が悪い理由

一昔前まではタバコを吸うことについて社会が寛容であり、街中で歩きタバコをしていても人に怪我さえさせなければ特に咎められるはありませんでした。
しかし、今は嫌煙の流れが強くなり喫煙出来る場所も限られたところしかなく、むしろ喫煙をしていることが有害であるとみなされがちです。
このような流れを辿るようになって経営者や面接官でも非喫煙者が多くなり、関心を持たない人が増えてきたと言えます。
喫煙者には抵抗のないタバコの匂いも非喫煙者には気持ち悪く感じてしまいますし受動喫煙の問題がありますから良い印象がありません。
また、一服のために取る休憩が長くなる傾向にありますし、会社としてはその一服の時間を仕事に当ててもらいたいと考えますからデメリットを先に考えます。
健康上の問題も喫煙期間が長くなれば出てきますから、長く健康に勤めてもらえるという保障も無くなるので良い印象を持てないのです。

問われたら正直に答えよう

面接の

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ