/category/knowledge/post-53968/

就活の心得・マナー

  • お気に入り
  • 250SCORE

就活でタバコはNG?活動を始めたら出来る限り禁煙した方がベスト

就活でタバコはNG?活動を始めたら出来る限り禁煙した方がベスト

就活生が聞かれた面接時の質問に「お酒とタバコはやりますか」というものがあります。
正直にやると答えて不採用になったという例もあり、特にお酒よりもタバコを吸う人の方が印象は悪くなる傾向にあります。
何故印象が悪くなるのでしょうか、納得できる理由を知っておきましょう。

タバコを吸っていると印象が悪い理由

一昔前まではタバコを吸うことについて社会が寛容であり、街中で歩きタバコをしていても人に怪我さえさせなければ特に咎められるはありませんでした。
しかし、今は嫌煙の流れが強くなり喫煙出来る場所も限られたところしかなく、むしろ喫煙をしていることが有害であるとみなされがちです。
このような流れを辿るようになって経営者や面接官でも非喫煙者が多くなり、関心を持たない人が増えてきたと言えます。
喫煙者には抵抗のないタバコの匂いも非喫煙者には気持ち悪く感じてしまいますし受動喫煙の問題がありますから良い印象がありません。
また、一服のために取る休憩が長くなる傾向にありますし、会社としてはその一服の時間を仕事に当ててもらいたいと考えますからデメリットを先に考えます。
健康上の問題も喫煙期間が長くなれば出てきますから、長く健康に勤めてもらえるという保障も無くなるので良い印象を持てないのです。

問われたら正直に答えよう

面接の時に実際に喫煙しているかどうかを問われた時は、誤魔化してしまうのも確かに一つの手ではありますが正直に答えた方が良いでしょう。
面接官が非喫煙者だった場合、喫煙者が思っている以上にタバコの匂いは体に染み付いています。
ヘビースモーカーが1時間程度面接の前に喫煙を辞めたとしても、体に染み付いた匂いや息で気付かれてしまいますから嘘を吐いた方が心証は悪いです。
ヘビースモーカーかどうかを尋ねられた時も、下手に嘘を吐かずに正直に話した方が印象を大きく下げずに済みます。
どうしても気になる場合、今は喫煙をしていますが禁煙を成功させるべく取り組みをしています、と何らかの対策をしていることをアピールすれば然程悪印象には繋がらないかもしれません。

タバコを止められないのであれば職種の見直しを検討しよう

面接官や経営者が同じように喫煙者でなければ印象は悪いですし、出来れば就活を始める前には喫煙をするように努力をした方が良いでしょう。
もしどうしても無理であれば自分が志望する職種を見直した方が良いかもしれません。
例えば営業職や医療職、介護職、工場などでもタバコを吸う人は業務に支障が出るため喫煙者を積極的に採用したくないという職種もあります。
喫煙者と非喫煙者では非喫煙者の方が圧倒的に多いですから、営業の仕事はタバコの匂いがするから嫌だと相手にされなくなる可能性もありますし、医療や介護は人命に関わるものです。
呼吸器に問題のある人であればタバコの匂いは呼吸を乱す苦痛の種になりますから悪化をさせる可能性もあります。
工場も扱うものによってはタバコが害になりかねません、どうしても止められない場合は職種を見直して喫煙していても問題ないところに行くように考えましょう。

関連記事

ページトップ