就活マナー

スーツの着こなしで決まる!就活で注意すべき身だしなみ!

スーツの着こなしで決まる!就活で注意すべき身だしなみ!

人は見ず知らずの人を評価する時、第一印象を下地として人物像を作り上げていきます。
第一印象は見た目や話し方が主であり、就活においても身だしなみは非常に大きな意味を持ちます。
スーツやネクタイの着こなし方や色などを間違ってしまうと悪印象をもたせ面接でも悪い結果が出てしまいますので、学んでおきましょう。

スーツの選び方

まず面接を受ける上での大原則はスーツの着用です。
もちろん服装の指定がなく必ずしも必要ではないところもありますが、ほとんどの場合はスーツ着用で行くことがマナーです。
色は黒か紺、柄は無地のものでストライプなどの柄があるものは止めましょう。
シャツは白の無地、アパレル系の場合は白以外の色でも構いませんがTPOは見極めて下さい。
靴はスーツの色に合わせて黒が好ましく、ネクタイは落ち着いた色味であれば特別指定はありませんが、柄は無地もしくはドット柄や斜線といった落ち着いたデザインのものを選びましょう。
ネクタイの色は赤、青、黄の印象がよく、赤は情熱的、青は冷静、黄は協調性を示すとして見られています。
パステルカラーは印象が悪いので、暗めの落ち着いた色を選択すると失敗しません。

ビジネススーツでも着用可だが清潔感は維持しよう

リクルートスーツではなく先を見越してビジネススーツを着用して面接を行う人も中にはいますが、これはマナーとしてNGではないのでビジネススーツでも構いません。
しかし、色については黒か紺の無地でリクルートスーツと遜色がないようにしておいた方が無難でしょう。
周囲は大体リクルートスーツを着用していますので、一人だけ浮くことになり悪目立ちします。
また、一番欠かしてはならないのは清潔感です。
どんなに着こなしが良くても清潔感が無ければ印象は悪くなる一方ですし、どれほど良いことを口にしたとしても不清潔な感じに目が向いて話が入ってきません。
清潔感というのは身につけている服に汚れがなく皺もなくパリッとした状態であることです。
また、フケが落ちて肩に積もった状態だと汚く見えるので面接会場に入る前にこまめに払っておくようにしましょう。
スーツなどは洗濯機で洗えるタイプのものを買うようにし、汚れが目立つようになったら買い換えるなど臨機応変に対応をした方が良いです。
洗ったスーツはきちんとアイロンがけをして皺を伸ばしておいて下さい。

清潔感の無さは面接を落ちる原因にもなる

私も何社も面接を受けましたがいずれも不採用でなかなか決まりませんでした。
どうして受からないのだろうと思っていた時、面接を受けたところから君には清潔感がないとはっきりと言われてしまい、そこでようやくそれが不採用の原因であることを知ったのです。
確かにスーツも皺が多く綺麗ではありませんでしたから、慌てて綺麗にしてアイロンもしっかりとかけて面接に挑んだところ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ