通過ES実例

ES【日本生命インターン】16卒

最も力を入れて頑張ったこと。

自分が最も頑張ったことは、初めて行った1年間の留学です。初めての経験であったため、緊張と不安からなかなか外人に話しかけられずにいました。また、日本人が10名近くいたため、日本人同士で固まってしまうこともありました。しかし、そんな自分を変えるため、英語を話す機会を増やす為に、サッカー部に所属することを決めました。週5日、朝と夕方から練習があったため、外国人の友達も増え、自分から自然と話しかけることもできるようになりました。また、練習中には、チームメイトと意見交換を行うこともあったので、精神・体力面から成長できました。

インターンシップに応募した動機や意気込み。

父の死により、生命保険の大切さを改めて実感しました。自分が辛い経験をしたことから、同じく経済的困難な状況にある人に安心感を届けたいと考えるようになり、生命保険の業界に興味を持ちました。貴社は業界のリーディングカンパニーであるが、それはお客様を第一に考えたサービスを提供して、多くの方々から信頼を得ているからだと考えます。そんな貴社でだからこそ、責任感を持って仕事をしながら自己成長を期待できると考えます。就職活動の前に、貴社の社風や実際の業務を確認・体験したいと考え、今回のインターンシップに応募しました。他の参加者と切磋琢磨しながら、課題に取り組みたいです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ