/category/passing-es/post-41519/

通過ES実例

  • お気に入り
  • 568SCORE

ES【久光製薬】16卒

大学時代に一番力を入れたことについて(生み出された成果と、成果を得るために工夫したことをふまえて)8行、400~500字程度

大学時代に一番力を入れたことは【予備校お客様センターのアルバイト】だ。「電話応対の苦手克服、職場の環境改善」に取り組んだ。お客様の要求が高くクレームも多いため、やめる人が多い職場だが、続けることで多くの経験ができると思い、大学卒業まで続けると決めた。当初はマニュアル通りにもいかない電話応対に苦手意識があり、先輩のやり方を勉強し、アドバイスをもらうことを半年繰り返した。その結果、自分の応対方法を確立でき「案内が分かりやすい」という声をお客様から頂け、苦手を克服できた。さらに、職場の環境改善に貢献したいと思い、部内で唯一学生である立場を利用して受験知識のないメンバーが受講相談を受けられるよう、受験経験・知識を提供した。また、FAQ集・受験知識問題集作成を提案し、普及させた結果、皆が受講相談を受けられるようになった。この経験から、苦手なことは人から学び、恐れず実践する力、周囲に対して自分ができる

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ