通過ES実例

ES【双日】16卒①

あなたがこれまでの人生の中で、主体的に何かに挑戦した経験を記載して下さい。(300-400)

 6年間続けている塾講師のアルバイト経験です。所属する塾では生徒と保護者様から信頼を得ることに苦労しました。始めた当初は、指導テクニックなどの技術を習得するのに必死で、生徒のことを思いやれず、担当を外された経験がありました。ニーズに応えられていない授業を提供していたことを反省し、もし自分が生徒ならば、何をしてもらえれば嬉しいかを考え、指導法の改善に努めました。具体的には、毎回欠かさず2時間前から独自の教材作りなどの準備を始め、他愛ない会話で生徒との距離を縮めるなど様々なことを実行しました。その結果、毎年の担当継続のご希望を頂き、保護者様には口コミで評判を拡げて頂くまでになりました。また難関大学、高校に50人の合格者を輩出することも出来ました。この経験から目先の楽さに因われず、頂くお給料に対して人一倍の努力をすることで、後から自ずと結果はついてくることを学びました。

あなたのモチベーションの源泉はなんですか。(200-300)

 私のモチベーションは、「甘んじることなく上を目指す」という気概から生まれます。中でもこの気概を強く持って取り組んでいることは、アーチェリーと塾講師のアルバイトです。特にアルバイトでは、同じ「教育」という商材を扱う30人の講師の中から、卒業まで一貫して私を選んで頂いた経験や、求められるニーズを汲み取り、個別指導塾に集団授業を提案した経験があります。こうして芽生えた人間力や課題解決能力は、総合商社での業務に活きると考えております。このモチベーションは、常に世界を相手に挑戦し続ける貴社の姿勢と同じであると考えております。そして貴社で仕事をすることを通して、世界により大きな影響を与えたいと思っております。

あなたは、双日でどのように成長し、どんな夢を実現したいですか。(300-400)

 海外で街づくりを行うことが私の夢です。私は幼い頃より街に関心を抱いており、小学生の毎年の自由研究では、街にフォーカスした地図作りに励みました。また旅行や用事で行ったことのない地域に行った際には、時間を見つけてはその場を散策します。そこでどの街も活気に溢れているのではないことを実感し、現地の方々の生活に彩りを与えるという仕事をしたいと思うようになりました。特に貴社は、東南アジアなどにおける工業団地のプロジェクトを通して、現地の活性化と共に日系企業への貢献を成し遂げており、また常に挑戦し続ける貴社の社員様は、OB訪問を通じて明確な夢と高い志をお持ちだと感じました。この二点から、私の夢を叶えるための環境は貴社にしかないと考えております。貴社において、地域を活性化させるランドマークを作りあげ、そこに住む人々が自身の街を誇りに思えるような街づくりをしたいと強く希望します。

ゼミ・研究室での研究内容につき、記載して下さい。(200)

 地震波を用いて地下構造を推定する手法を開発しています。地震波の中でも特殊な成分に着目し、それが鍵になると推測しております。現在はその根拠を定量的に解説するために奮闘しております。また卒業研究では、衛星画像を用いて地表を評価する手法を開発しました。この手法では地表近くの水資源を発見することができます。より簡単、且つローコストで地表や地下を可視化することを目的にして、これらの研究を行っております。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ