通過ES実例

  • お気に入り
  • 2SCORE

ES【JR東日本】16卒①

※ 「学生時代に力を入れてきたこと」を中心に自己PRをしてください。まずは自己PRにタイトルをつけてください。 (30文字以内)
「3年間の英語劇で学んだ“他人を巻き込む力・挑戦する力”」

※ タイトルに沿ってそこから得たことを交えながら、自己PRをしてください。※入力時、改行はできませんのでご注意ください。 (800文字以内)

●1年目、自分の所属している英語研究会という部活で毎年開催されている文化祭に向けての活動である英語劇で主役に挑戦。先輩の熱意を受け、終電まで猛練習をし、自分の演技をビデオなどで”チェック+修正サイクル”を繰り返した結果、お客様の投票で最も輝いた人に選ばれた。
●2年目、前年の経験もあり助監督に挑戦する。毎年の問題である「演者の意識統一ができず、途中で部を辞めてしまう」という問題に苦労するが、”組織図式チューターシステム”を 考案したことと、演者の倍動き、熱意・目標を伝えたことで、演者に欠員がでることなく、意識統一を達成するとこができた。
●3年目、「一致団結してお客様に楽しさを届けた感動」を自分で後輩に受け継ぎたいと思い90人をまとめる総監督に挑戦。立ち上げの際、思うように仕事が進まず部員の意識・目標が部員によってバラバラになってしまっていた。
そこで、部員を巻き込んで主体的に仕事に向かわせるために、部員と1対1で話すことや、LINEやクラウドシステムを利用することで”徹底的な情報・目標の共有”をし、なるべく仕事を部員に任せて、その仕事に対して”徹底的なチェック・対応する“という方法で部員をまとめていった結果、意識が統一され、部員が主体的に仕事を進めるようになった。その結果、来客数が去年の1.5倍に増やすことができた。後輩全員から「本当にやってよかった」と涙ながらの言葉を貰えた。
この3年間から、以下の2点のことを学んだ。
・自分自身を成長させるには「無理だと思うことにも挑戦すること」であり、それを達成するために「諦めずに動くこと」が重要だと学んだ。
・また、チームで動く時、人を巻き込んで一つの目標に向かう時には「熱意・目標・情報などの”共有”」が重要だと学んだ。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ