通過ES実例

  • お気に入り
  • 3SCORE

ES【日立情報システムズ】16卒

志望動機
電子申請の利便性に魅力を感じ、中小規模の自治体にも普及させていきたいからです。手伝いで市役所に書類申請をしておりましたが、待ち時間も長くストレスを感じていました。その中で電子申請を知り利用したところ、時間を気にせず利用でき便利に感じた一方、規模の小さい自治体では電子申請ができない場面が非常に多くありました。そこで、技術やノウハウだけでなく、中小規模の顧客に対して強みがあり、地域密着型のサポートを行なっている御社において、是非顧客視点で電子申請システムを中小規模の自治体に広げたいと強く感じたからです。

卒研概要
中国において、再生可能エネルギーによる発電の導入により、現在と比べて将来どれほどCO2が削減できるのかを、コンピュータを用いて分析しました。具体的には、太陽光、風力、バイオマスの3つの再生可能エネルギーによる発電を、電力需要と自然環境をもとに分割した7地域に対して2008年から2025年まで一定の割合で導入した場合、どれほどのCO2が、再生可能エネルギーが導入されなかった場合と比べ削減されるのかを分析しました。

課外活動
学園祭実行委員会の広報局長として来場者数の増加に務め、新たな宣伝案である電車内広告をチームで企画しました。そのなかで工夫した点は、常にPDCAサイクルを回し、議論すべき問題点を明確にしたことです。まず私が素案を作り、それを会議でプレゼンをしました。そして予算や掲載期間、デザインについての問題点を挙げてもらい、それを私がまとめ、後ほど改善案を練りまた次の会議でプレゼンし、前回の会議で残った問題点や新たな問題点を挙げてもらいました。これにより、会議においてチームの意見を促すことができ、企画が練り上げられ、結果として例年6000人であった来場者数を8000人にまで増加させることができました。

自己PR
自分で立てた目標をやり抜こうとする意思に自信があります。研究において再生可能エネルギーの分析する際、太陽光発電領域だけが研究後半まで分析できませんでした。周りの研究生も同様に分析が難航し、ある程度妥協をし始める人も出てきました。しかし太陽光を含む分析は当初立てた研究目標であったため、研究を継続するために今まで読まなかった中国語の論文を読み、それを参考に別の推計法ができないかを教授と徹底的に議論し、最終的に太陽光を含むデータを導くことができました。仕事においても、自分の目標をお客様の課題と捉え、妥協せず向き合い、壁にぶつかった際には広い視野とコミュニケーションを取ることで解決していきたいです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ