通過ES実例

ES【IBM】16卒

ES

IBMではお客様の成功に全力を尽くし、お客様や社会にとってかけがえのない存在になることを目的としています。あなたはIBMの一員として、お客様や社会にどのような貢献をしたいですか?ご希望の選考コースまたは職種を選択した理由に触れながら具体的に記述してください。 500文字以下
私が貴社を志望するのには、2つの理由がある。一つ目は最新技術のすぐ隣に身を置け、それが自分をインスパイアすること。ひょんなところに全く想像のつかない技術が使われていたりする21世紀に、それを知っているのと知っていないのでは人生の充実度が大きく違う。普通に生活していてまさか風力発電にビッグデータが利用されるとは思わないし、Tポイントカードのデータと病院での診療は実は同じシステム(Netezza)で分析されてるなんて聞いたら、美術館の絵の配置を決めるのにもそれを使ってみたい、なんて想像が膨らんで楽しい。さらに貴社で働くことによってIT、つまり世界の最前線の専門知識の勉強ができることが楽しみである。二つ目は貴社の組織としての体制である。ここまで巨大な組織であるのに恐ろしいほどにフットワークが軽く、常に新しいことに挑戦していることは社員のモチベーションを保つだけでなく他の大企業にも刺激になっているはずだ。またダイバーシティの推進など、どんな社員も心地よく働けるような環境を整え、個人の可能性を最大化する貴社で、自分の能力を最大限に出していきたい。

IBMは世界に価値のあるイノベーションを届けることを企業理念の1つとしています。あなたが取り組んだイノベーションについて教えてください。イノベーションの定義は様々です。何か新しく生み出したことでも、現状を改善した経験でも、ささいなことでも構いませんので、具体的に記述してください。 500文字以下
留学先で自身が設立したダンスクラブは全体練習を週二回行っていた。しかし参加率が低迷していた。毎日私が練習場に行った。そこで生まれたメリットは二点ある。一つ目に、チームのメンバーが自分の予定に合わせ、気軽に練習に参加できるようになった。二つ目に、一度に指導する人数が少人数化したことにより、個々人のレベルに合わせた丁寧な指導が可能となった。その結果目標であった作品発表を成功させることができた。留学先は勉学に重点を置く校風で、クラブ活動は皆無。そこで、一人で食堂のオーナーに交渉し、食堂で週二回踊らせてもらい、興味をもってくれた学生10人と作品発表を目的に練習開始した。しかし全体練習参加率は低かった。その理由をメンバーにヒアリングすると二つの問題点が浮上した。ダンス初心者に対してレベルにあった指導ができていないことと、個々人で授業のスケジュールが異なり、勉学に重点を置いていたことである。そこで、私が毎日練習所に行き、個々人にレベルに合わせた指導を行い、私と学生10人の作品を完成することに成功。

IBMではグローバルチームの一員として、全ての関係者に誠実に対応し、自らの責任を果たすことが求められます。あなたが学生生活のなかで責任をもって何かをやり遂げた経験について教えてください。直面した困難や学んだこと等をエピソードを交えて具体的に記述してください。 500文字以下
日本に来る留学生に最高の文化体験を提供すること。高校時代に受け入れたニュージーランド留学生ジェームズのホストファミリーを体験した。しかし、言語の壁と異文化の壁にぶち当たり、彼の日本滞在の二週間、彼と心から理解しあえる関係になることができなかった。そのことに不甲斐なさ、憤りを感じ、また、ジェームズに対して申し訳ない気持ちもあり、留学生に最高の日本文化体験をしてもらうスペシャリストになろうと決意。それからというものホスト募集の案内を探しては応募し、世界中から10人以上の留学生を受け入れ、それぞれの留学生と英語や日本語、留学生の母国語で、お互いのことについて語り、お互いの文化について理解を深めた。その際に、注意していたこととして、できるだけ普段の私の生活を飾らずに見せて、その背景理由についても説明することで、日本の文化について理解してもらおうとした。ジェームズと過ごしたもどかしく不甲斐ない二週間は、世界には多様な文化、相違する意見が存在することを教え、「違い」を受け入れるきっかけとなった出来事でした。

選考の内容:

ESと玉手箱
一次 GD
二次 二対一の個人面接

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ