通過ES実例

  • お気に入り
  • 1SCORE

ES【日本総研】14卒

学生時代に力を入れた学業(研究テーマ等)の具体的な内容と工夫した点を分かり易くご回答ください。(200~400字)

私が力を入れたのはプログラミングです。1、2年生の時にプログラミングの授業がありました。最適化などをプログラムで作成しました。その後、3年生の研究室の講義で、触ったことのないプログラミング言語と課題を渡されました。いきなりプログラムで考えることは難しかったので、今まで学んだことを活かし、数学的な解釈から始めました。それをプログラムに落とし込みました。新しい言語を使用するにあたり、知識もなく、試行錯誤しながらのプログラム作成は良い経験になりました。以前から環境問題に興味があったのですが、数値を見ても実感がわきませんでした。しかし、実際にプログラムにすると、その事象を理解し、パソコンの中で表すような印象を受け、非常に面白みを感じました。4年生では継続して同じ研究室にてエネルギーシステムについての研究をしたいと考えています。

学業以外(部活、サークル、アルバイト、趣味、資格取得等)で一番力を入れたことを具体的にご回答ください。(200~400字)

私が達成感を感じた出来事は体育祭実行委員で体育祭を運営したことです。個方を担当しました。前年に感じていた反省や提案を温めて、実行できないか試行錯誤しました。やはり、習慣となっているものを変える時は抵抗があります。学校側、実行委員を説得するため、メリット、デメリットを洗い出し、デメリットの解消に尽力しました。学生らしい「斬新な体育祭」を達成できたと感じています。数々の変更点について、「良かったよ」といってくださる方がたくさんいました。自分の携わった仕事が多くの人に影響を与え、さらに楽しんでくれたことに達成感を感じました。そして、就職活動を始めるにあたって、この経験とコンサルティングの仕事が似ていると感じ、コンサルティング業界に興味を持つきっかけとなりました。

.希望フィールドの志望理由と日本総研で取り組みたい仕事内容をご回答ください。 (200~400字)

私の希望フィールドはコンサルタント・インキュベーターです。理由は自分が成長する速度が最も早いと考えるからです。コンサルタントは自分という人間で勝負していると考えています。ものを売るでもなく、磨き上げた知識、スキル、思考で顧客企業に影響を与えることができる可能性を秘めた職業であると感じています。それゆえに、成長せざるを得ないはずです。また、自分の起こした案が企業に影響を与え、さらには社会に影響を与えられる。自分の存在意義を感じることができると思います。私は専攻分野に近い環境・エネルギー分野で仕事をしたいと考えています。エネルギーについては、再生可能エネルギー、新エネルギーなど、現在移り変わりが早く、かつ世の中の動きに大きな影響を与えます。人間の全ての活動にはエネルギーが必要となります。よって、エネルギー分野に良い影響を与えるということは、将来的には生活に影響を与えることになるはずです。

あなた自身の成長戦略を教えてください。(200字以内)

私の目標は「企業の看板でなく、自分個人として仕事ができるようになる」ということです。そのため、物事へのアプローチの仕方を学びたいです。アプローチを通して課題解決のスキルを向上させていきます。その後、自分にとっての専門分野を身につけ、その分野における第一人者となれるように進んでいきたいと考えています。

現在、会社や企業が直面する問題について、ひとつを選び、その原因を分析するとともに、対策を考えてみてください。(200~800字)

企業の直面する問題として離職率の高さが挙げられます。今の社会では大卒新入社員の3割が3年以内で辞めてしまいます。原因としてはイメージした仕事とのミスマッチが考えられます。現在の新卒就職活動では企業は自社の嫌な部分は隠そうとします。企業の実態を知ることなく就職してしまう学生が非常に多いのです。OB・OG訪問で確かめられる企業もありますが、そこですら人事部から指示が出ていることがあります。就活生側も自分を良く見せようとし、企業も良い部分しか見せないという騙し合いの就職活動が現在起きているわけです。就職活動をする中で、私自身、体感しているところです。これを解決するには職場体験が重要であると考えます。インターンシップのように用意されたものではなく、事務作業の手伝いや、見学(無給)といった機会の提供を増やすべきであると考えます。実際に仕事をしている現場を見るということが非常に重要なはずです。また、仕事の現場を見ることで、学生のモチベーションも上がると思います。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ