通過ES実例

  • お気に入り
  • 1SCORE

ES【16卒】三菱総研DCS

1. 志望動機

私が貴社を志望する理由は手に職をつけたいからです。現代は情報社会となっており、何をするにもIT技術は欠かせません。IT技術を身につければ、社会の様々な流れにも対応できると考えています。また、貴社の案件の多くを占める金融分野に魅力を感じています。金融は現代社会ではなくてはならないものです。その分野におけるIT技術は社会的なインフラと言ってもいいと思います。その一端を担うことで、自分の存在価値を見いだせると考えています。

2. 卒論・修論・ゼミ・得意科目

私の大学では、研究室配属は4年生からですが、講義の一環で研究室に配属されます。その講義ではエネルギーシステム、輸送の最適化などの現実の問題を数学的に解釈し、プログラムに落とし込みました。新しい言語を使用するにあたり、知識もなく、試行錯誤しながらのプログラム作成は良い経験になりました。以前から環境問題に興味があったのですが、数値を見ても実感がわきませんでした。しかし、実際にプログラムにすると現象を理解することになり、現実の問題としてとらえることができました。4年生では継続して同じ研究室にてエネルギーシステムについての研究をしたいと考えています。

3. 課外活動(クラブ、サークル、ボランティア、インターン)

私は学園祭実行委員会の副委員長として学園祭を運営しました。前年に感じていた反省や提案を温めて、実行できないか試行錯誤しました。やはり、習慣となっているものを変える時は抵抗があります。大学側、実行委員を説得するため、メリット、デメリットを洗い出し、デメリットの解消に尽力しました。人を説得するには時間と多大な労力が必要であると学びました。また、私の大学は来年度、一部の学部がキャンパスを移転するため、先を見据えて、人事制度の試験設置も行いました。学生らしい「変革の学園祭」とすることができました。自分の携わった仕事が多くの人に影響を与え、さらに楽しんでくれたことに達成感を感じました。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ