通過ES実例

ES【16卒】旭化成

あなたの学生時代について自由にお書きください。200字程度

「『言葉』にすれば、思いは伝わる。」
中学時代から陸上競技をしてきた私でしたが、初めて大きなチームを持ったのは学生時代、そこで部員をまとめることの難しさに直面しました。 「言わなくても分かる」。そんな言葉で片付けられる状況に、私は疑問を感じずにはいられませんでした。
私は、嫌われる覚悟で、チームのためを思い、本音をぶつけていきました。しかし、最後にもらった色紙には、私への感謝の気持ちが並び、私の思いがチームに伝わったことを教えてくれたのでした。

設問2:以下の9つのワードのうち3つ以上のワードを用いて、自由に文章を作成してください。ワード:未来・技・誠実・意志・爆発・クラウド・立体・宇宙・猿

私たち人間の想像力は留まるところを知らない。それは、そう、まるで、大爆発“ビッグバン”から始まり、140億年もの間、拡大し続けてきた宇宙とでも言えようか。
そして、21世紀となった今、私たちは“クラウド”という、新たな技術を手にした。技術の発展によって、私たち一人ひとりの宇宙が、まだ見ぬもう一つの…、いや、60億もの宇宙と交信することが可能となったのである。
私たちは、他の宇宙との交信によって、さらに想像力を膨らませていくのだろう。

選考の内容

説明会参加後、評価が高いとリクルーターからの接触を受ける。
人数はまちまちだが、自分は3名の方とお会いする。
リクルーターの評価が高ければ次に進むことができ、その評価次第では1次面接が免除される。

面接(おそらく2次):エントリーシートの設問は全く関係ない。
20分間で自己PR、志望理由などを聞かれる。
面接官は2名で部長クラス
逆質問する時間はなく、内容自体もあまり深く聞かれる印象はなかった。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ