通過ES実例

  • お気に入り
  • 3SCORE

ES【デロイトトーマツコンサルティング】16卒①

あなたが考えるコンサルタントのイメージはどのようなものですか。また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。600字

私が考えるコンサルタントのイメージは伴走者だ。コンサルタントは顧客である企業の今後の方針に大きな影響を与える。自社に累積した情報を活かして最善策を生み出し、業界全体に貢献することができる。顧客に寄り添いゴールまで一緒に走っていく姿を想定し、伴走者とした。コンサルタントに必要な力は以下の3点だ。【①ニーズ探求力】案件形成段階では顧客のニーズや課題が不明瞭なケースも多いと聞いている。ヒアリングや業界研究を通じてそれらを探る力が必要だ。【②周囲を巻き込む力】どんなに素晴らしい解決策であっても、自分単独で遂行することは困難かつその成果度合いは疑わしい。私は予備校のアルバイトにおいて、全国約100校中低迷していた自校舎学習実績数値の改善に尽力した。私はまず自身で編み出した解決策を他のスタッフに提示し、その意義・目的を共有した。これによってチーム内に統一の意識が生まれて組織力が向上しただけでなく、数値が3位に向上という成果にも繋がった。【③あらゆる人から信頼を勝ち得る粘り強さ】信頼なくして顧客の本音や重要な情報を得ることは不可能だ。私は留学時、副専攻で得た数理の知識を活かすため経済学を専攻していた。国籍や価値観の違いを越え、自身以上の専門知識を有する教授や学生から認めて頂けたのは、地道な努力によって誠意を示したからだと感じる。上記3点が伴走者として顧客に価値を提供し続けるために必要だと考える。

あなたが最終的に入社する企業を選択する場合、最も重要視することはどのようなことですか。その理由も含めて説明してください。600字

入社する企業の選択時に最も重要視するのは、①多様な価値観を持つメンバーと共に成果に拘れること②日系企業の海外進出を支援し、世界の発展に資することの2点である。①を重視するのは、留学中の講義で「国際色豊かなグループ内で自身の価値を発揮したこと」がきっかけである。各々の学生が全く異なる経歴や価値観を持つ中で、「日本人として講義に貢献し、期待に応えたい」という強い想いのもと以下の3つを実践した。【1)平日は0時まで勉強し、休日はグループ勉強会を実施2)講義の最前列に座り、不明点を講義中やオフィスアワーに教授に質問3)グループ討論の内容をA4一枚にまとめ、次週メンバーに共有】これらの地道な努力とグループへの貢献が他からの信頼獲得とメンバー間の強固な信頼関係構築に繋がり、共に成果を追い求めていく面白さを実感できた。②の考えを持つに至ったのは、発展著しい東南アジアで生活する過程で、現地に根差した製品を提供する日系企業の活躍を肌で感じたことが大きい。ラオス滞在時、市内を走るすべてのバスに日本の国旗が描かれている光景に驚き、日系企業が現地で安心を提供していることを知った。留学先のマレーシアでは三井住友海上から昨年12月にリリースされた安全運転支援アプリが早くも普及している。交通量の多い現地のニーズに迅速に応え、信頼を勝ち取る姿に誇りを感じると共に、海外と日系企業を繋ぐ架け橋となりたいと考えている。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ