通過ES実例

  • お気に入り
  • 1SCORE

エントリーシート【INPEX】16卒

エントリーシート【INPEX】16卒

ゼミまたは研究室の内容についてご記入ください。 20文字以下

人間工学(人が使いやすい製品設計の評価)

卒論または修論の研究テーマをご記入ください。 20文字以下

使用者の作業効率化を促す椅子の検討

所属するクラブ・サークル等があれば、以下の例を参考に役割も含めご記入ください。特に役割等がない場合は所属団体名のみで構いません。

ソーラン節サークル(マレーシア留学時に日本人留学生を巻き込み設立・責任者)

アルバイト経験があればご記入ください。 50文字以下

大学生用の英語塾(大学生の英語学習支援と大学進学者の入学促進が主業務・学生スタッフリーダー)

最も難しい課題や経験した困難を具体的にご記入ください。 また、その課題や困難にどのように立ち向かい、その結果として何を得たのかもご記入ください。 400文字以下

留学時に日本人学生のソーラン節団体を設立、昨年12月の文化交流大会に参加した。留学生活を通して日本の存在感低下を実感し、日本人として新たな歴史を創ることで現状を改善したいと考えたからだ。しかし大会開催時期が大学のテスト期間と重なることから、11月時点で参加表明者は3人だった。私は「日本人学生間の仲間意識欠落」が課題だと仮定した。各学生の価値観を把握し、彼らの交流を促すパイプ役を担うことで学生15人の参加表明を得た。次に私は「気軽に参加でき、成功体験を積める環境作り」が必要と考えた。毎日の練習時間は15分、その様子を録画・共有して成長を実感できるよう努めたことで、彼らの練習への自発的な参加意欲を醸成した。日頃の練習の成果を発揮し、大会では参加6ヶ国の中から最優秀賞を獲得した。価値観の異なる人と協働する上では、自ら積極的に働きかける「行動力」と互いを理解し合う「対話」が大事という気付きを得た。

あなたが日ごろ大切にしている軸は何ですか?また、それに従って行動した具体的事例もご記入ください。 400文字以下

論理的な対話で相手に「納得」してもらい、日々誠意を積み重ねることで「共感」を得ることだ。これは同じ組織の高校部門の担当5校舎と共に、大学進学者対象の英語塾の入学募集活動の際に活かされた。私は大学受験後も高校生を継続して支援し、彼らが将来活躍するきっかけを作りたいと考えていた。私の任務は各校舎で働く方々の入学促進企画支援だったが、彼らも自身の仕事で多忙なため当初は軋轢が生じていた。私は「真に彼らが求めていることは何か」自問自答し、2つのことを行った。
1)担当校舎全てを直接挨拶に回り、互いの想いを直接共有
2)勤務時に毎日連絡を取り、相談してもらえる関係を構築
募集活動の意義を納得してもらい、自身の熱意で共感を得たことで次第に彼らの自主的な協力や提案を引き出せた。その後彼らと協働して高校生のニーズに応える最適なイベントや施策を実施したことで、前年比で担当校舎からの入学者数は倍増した。

あなたがエネルギー開発業界およびINPEXに感じている魅力と、なぜINPEXを志望しているのかについてご記入ください。 400文字以下

日本の安定をエネルギー面から支え、日本の存在感を高める基盤作りに携わりたいと考え貴社を志望する。留学生活を通して現地学生が「今の日本には昔ほどの競争力はない」と考えていることを知り、悔しい思いをした。一方で自身が日本人であることを強く意識するようになり、「日本人として日本国に貢献したい」と考えるようになった。その貢献方法として、資源国であるマレーシアの現地国営石油会社で働く家庭へのホームステイ経験からエネルギー開発業界に興味を持った。多様な価値観を持つ方々との折衝を通して国益に資するだけでなく、自身の更なる成長を求めて挑戦できる醍醐味を知ったからだ。したがって就職活動では、貴社のようなエネルギー開発企業以外にも総合商社を中心に受けている。総合商社ではエネルギー部門に関われるとは限らないが、貴社では10年間で2~3の部署を経験しながら一貫して業界の専門性を高められることに魅力を感じている。

あなたが最も興味を持ち、真剣に取り組んだ学問、学科、授業について、興味を持った理由と取り組みの内容をご記入ください。 200文字以下

【人間工学】製品設計・開発における自身の裁量が大きく、付加価値を持つ製品創出に関われることに魅力を感じた。私達の研究では、使用者が感じる疲労を軽減する椅子の開発と評価を行っている。真に必要とされる製品を考え続けたことで「相手の目線に立った思考力」や「ニーズ把握力」が培われ、数十時間に及ぶ手術動画の姿勢解析を通して「1%の成果のために99%の労力を惜しまない精神力」を磨くことができた。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ