通過ES実例

  • お気に入り
  • 1SCORE

ES【インテージ】16卒

インテージの現在の事業をホームページなどで確認した上で、    以下A・B・Cのうち1つを選んで、インテージの新ビジネスの    アイデアを提案してください。

 A)WEBやIT、モバイルを活用したビジネス
   B)広告・メディア分野に展開できるビジネス
   C)ビッグデータ、データ解析を通じて展開できるビジネス

飲食店におけるタブレット端末用
アンケートアプリの導入ビジネス

私はWEBやIT、モバイルを活用したビジネスにおける飲食店でのタブレット端末用アンケートアプリの導入ビジネスのアイデアを提案いたします。

近年のIT技術の発展に伴い従来のような店員とお客様のダイレクトなコミュニケーションにより注文を取るという形態はこれから少なくなってくると思われます。お客様のテーブルにタブレット端末を導入し、端末から注文を行うという形態がかなり増えてきています。
しかし、多くの飲食店では注文をするためだけのタブレット端末となってしまい、十分に機能を活かしきれていないように感じます。POSシステムにより人気商品ランキングや売上高のグラフ化、また、操作時間外の広告表示による販売促進などは行っている店舗は多いもののお客様個人の生の意見、感想はまだまだ取り入れられていません。
そこで、私はタブレット端末を使用している飲食店にアンケートアプリを導入することによりお客様の生の意見が聞くことができるアプリのアイデアを提案いたします。
具体的には、
(1)商品を注文してから運ばれるまでの空き時間により来店動機を聞くアンケート
(2)商品が来てからは注文した商品に関する評価を聞くアンケート
(3)食事終了後の会計画面にて再来店したいかのアンケート
などが考えられます。
タブレット端末ということから興味本位で触ってくれる、また、テーブル単位でアンケートを記入できるので人目を気にせず率直な意見が期待できるという強みからアンケートの回収率と精度が期待できます。さらに、例えば人工知能搭載のキャラクターによるインタラクティブな質問や、写真や動画を使ってアンケート方法を工夫できるというタブレット端末の強みからアミューズメント感覚でアンケートを行えることにより、紙ベースのアンケートより回収率が期待できます。
これにより、効率的に精度が高くお客様の生の声を集めることができ、調査分析することにより店舗の売り上げ貢献やお客様の需要把握につながると思います。
以上、飲食店におけるタブレット端末用アンケートアプリ導入ビジネスのアイデアを提案いたします。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ