通過ES実例

【選考通過ES実例】鹿島建設

【選考通過ES実例】鹿島建設

ゼミの研究内容

私はゼミで公共経済学を学んでいました。日系企業が世界各国に労働と資本を移し、進出をしている一方で、日本国内に目を向けると国内での企業同士の競争率は下がり、日本の経済が停滞してしまっている。そうした状況のなかで、日本国内の経済成長を達成するため日系企業に国内に留まってもらうにはどのような労働・資本政策を打ち出せば良いかについて研究しています。

志望動機500 文字以内

私は小さい頃から大工である祖父の影響を大きく受けて、育ちました。祖父は私にもの作りの楽しさを感じてもらうため、一緒に積み木を使って家を作りました。そのため私が建設業に興味を持つのはある意味自然なことでした。そして大きくなるに連れて、人々が交わる空間作りに関わりたいと思うようになりました。学生生活では、サークルの運営を通して、人と人とのつながりの大切さとそれを可能にするための空間を提供できるよう尽力しました。また説明会で人事の方のお話を伺った際に、御

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ