通過ES実例

【選考通過ES実例】横浜銀行

これまでであなたが困難に直面しながらも「成し遂げたこと」は何ですか?また、困難を乗り越えるために何をしましたか?具体的なエピソードを400字以内で記述してください。

英語サークルのリーダーとなり、部員を巻き込みスピーチの全国大会出場者を増やしたことです。主力となる3年生30名のうち、例年1名程度しか全国大会出場者がいなかった状況を打破し、私の在任期間で5名を大会に出場させることを目標としました。問題の原因を探るため60名の卒業生に話を聞くと、役職のない部員の士気が上がりにくかったことや、スピーチを本格的に学ぶ機会が少なかったことが分かりました。そこで私は3年生全員に役職を付け、各々が組織に対して責任感を持って活動に取り組めるような仕組みを整えました。その上で他大学や海外から講師を招き、部員のニーズに応じたレクチャーを継続的に実施しました。すると真剣にスピーチに取り組くむ学生が増え、1年で目標を超える8名もの部員を全国大会に輩出することができました。この経験から、メンバーを信じて役割を任せることで、各自が主体性を持ち、組織を成長させることを学びました。

あなたが横浜銀行で実現したいことは何ですか?また、そこにあなた自身のこれまでの経験や強みをどのように活かせますか? 400字以内で記述してください。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ