通過ES実例

【選考通過ES実例】住友生命

大学時代に一番力を入れて取り組んだこと、およびそのことから学んだこと、感じたことを教えてください。 400文字以下

200名を超える英語サークルでリーダーを務め、部員を巻き込んでスピーチの全国大会出場を目指したことです。例年1名程度しか全国大会出場を果たしていなかった状況を私の着任期間で打破することを目指しました。まず60名の卒業生へお話を伺い、2つ改善点を考えました。1点目は部員の大半を占める非役職者の士気が上がりにくいこと、2点目は部内に蓄積されたノウハウが乏しく、スピーチを学ぶ機会が少なかったことです。そこで私は部員全員に役職を与え、各々が部内で期待されている役割を自覚できるようにした上で、他大学や海外から講師を招き、ニーズに応じたレクチャーを設けました。一方で私自身も大会に出場し、部員の道標としての役割を果たせるよう努力を続けた結果、1年間で8名の部員を全国大会に輩出することができました。この経験から、メンバーを信じて役割を任せることが、メンバーの主体性を育み、組織を成長させることを学びました。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ