通過ES実例

【選考通過ES事例】JAL 客室乗務職

あなたが至近の3年間で直面した一番の困難は何ですか。また、その困難を乗り越えるために大切にしたことは何ですか。

▼大学3年次の「学業・サークル活動・アルバイト」の両立です。所属していたテニスサークルでは渉外という役職に就き、週3日の練習や試合の責任者を担いました。3年間勤めているスターバックスコーヒーのアルバイトでは学生マネージャーとなり時間帯責任者として職務の幅と責任感が変化しました。学業でも3年次からゼミで卒業論文に取り掛かり始め、常に100%で「自分で何とかしよう」という気持ちが強かった私はいつも手一杯な状態で周囲にも気を遣わせてしまいました。▼そこで私は「周りを信頼すること」を大切にしました。周囲に自らひと声かけると、自分の周りには助けてくれる友人が多くいることに気づけ、作業もサポートがあると効率的に行うことができます。また私自身も気持ちにゆとりが持て周囲の些細な事柄にも気を配ることができました。今後も人に助けられ支えてもらう分、私も他者を支えられる人間でありたいと思います。

なぜJAL

私は「飛行機に乗

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ