通過ES実例

【選考通過ES事例】三菱東京UFJ銀行

学生時代頑張ったこと

学内テニストーナメントの運営

具体的事実を詳しく記載しなさい

学内テニストーナメントにおいて私は、大会委員長として運営組織の先頭に立ち、大会準備及び当日運営における様々な業務に取り組みました。中でも私は、大会運営における1つの目標として大会期間中の熱中症ゼロを掲げ、仲間たちと協力し、熱中症対策に注力しました。8月の高い気温の中3週間にわたって開催されることから、毎年多くの熱中症患者が出ていたためです。そこで私は熱中症の予防のため、大会スケジュールにゆとりを持たせ、会場各所に役員を配置することで進捗状況と選手の様子を確認しながら大会を進行しました。限られたコート面数と時間の中で、役員同士の密な連携のもと、状況に応じた臨機応変な運営を行い、結果としてけが人・熱中症ゼロを達成し、大会自体も予定期間内に閉幕させることができました。この経験を通して私は、組織内での連携の重要性を感じ、そして連携のためには積極的な情報発信が必要であるこ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ