通過ES実例

  • お気に入り
  • 2SCORE

【選考通過ES事例】コマツ

卒業(修士)論文概要

消費者行動論とは、マーケティングの中でも消費者の購買行動に焦点を当てて考える科目です。ある製品の、製品カテゴリー別の購買層の特徴についてまとめるレポートの作成では、題材の製品に自転車を取り上げ、①周りの人たちにアンケートを行って情報を集める。②実際に地元の自転車店を訪れ調査する。以上2つの調査から、購買層ごとに製品のどういった付加価値が、購買に繋がるのかについて理解を深めることができました。

研究テーマ、ゼミ、科目を選んだ理由 (得意科目で良い)

この科目に注力した理由は主に2つあります。1つ目は、非常に身近な学問であるからです。私自身も消費者なので、自分の購買に関する行動や意思決定を照らし合わせて考えることができます。また、昨年の「ポケモンGO」や映画「君の名は。」などリアルタイムで大ヒットしたものが取り上げられ、その点からも身近な学問であると感じました。2つ目は、今後モノを売るにあたり、製品の性能や品質だけを強みに差別化し顧客を獲得することが

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ