通過ES実例

ES【三井住友カード】15卒

ES【三井住友カード】15卒

学生生活で最も力を注いだこと。 (400文字以内)

予備校で生徒数アップの企画を立案、実行したことだ。当時校舎の採算ラインの生徒数が40人にも関わらず11人という危機的状況だった。そこで私はチラシを配る営業方法に問題があると考え、自分の生徒時代の経験から「友達紹介制度」の活用を提案した。しかしキャンペーンを行なったが紹介数は増えなかった。生徒に聞き込みを行ったところ、生徒自身の成績が上がっていない、校舎の雰囲気が悪いという2つの問題が挙がった。信頼度が低い予備校に友人を紹介するはずがない。そこで、1掃除の徹底2アルバイト研修会の提案3音読学習の推進、この3つの校舎運営、学習指導向上の施策を行い成績伸ばし、校舎の雰囲気を改善することで生徒から信頼を獲得した。その結果4ヶ月後に行ったキャンペーンでは12人の紹介を獲得する事に成功することができた。この経験から変革を起こすにはまず真の問題点を把握する事が大切だという事を学ぶ事ができた。

あなたのセールスポイントとその理由。 (400文字以内)

私のセールスポイントは「現状を打破する挑戦心」だ。私は常に高い目標を掲げ、粘り強く努力する事によりこれを達成してきた。これは小学校時代に取り組んでいたモトクロスバイクの勝ちにこだわる姿勢から培われたものだと思っている。高校時代には創立100年を超える高校から史上初の現在の大学合格を達成した。昨年は所属していたサークルで発行していたフリーペパーの配布部数を伸ばすために、ある有名人に取材記事掲載を提案し取材班のリーダーとして推進し、始めて政治家の取材記事を掲載することに成功し配布部数を200部増やした。また大学からビオラという楽器に挑戦し、大学で所属していた交響楽団で音符も読む事が出来ない初心者から主席演奏者という大役を任せてもらうまでに成長した。このようにどのような環境でも新たな事に挑戦し努力する事で、現状を打破してきた。貴社でも現在決済の約8割を占める現金市場に挑戦して行きたいと考えている。

志望したきっかけ。 (400文字以内)

「カードを通じて日本を変える」という貴社のビジョンに共感したためである。私は日頃、ほとんどの買い物の支払をクレジットカードで行っている。カードの利点に魅力を感じ、日本の決済方法を変えたいと思ったことから、カード会社で働きたいと考えた。日本では未だにカードに対して、不安や不信感を持っている人が数多くいる。私はカードの利便性や安全性を広め、人々のカードに対する不信感を取り除き、安全で迅速な支払をすることが出来る世の中にしたいと強く思っている。そして、カードビジネスのパイオニアであり、先進的な取り組みを行っている貴社であれば、私の目標であるキャッシュレス社会をつくることに本気で挑戦できると考えた。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ