通過ES実例

【選考通過ES実例】日本生命

日本生命の内定獲得ESです!

最も力を入れて取り組んだことで自分は組織どのような働きをしたか

学内テニストーナメントの運営では大会委員長として、運営役員の仲間たちと協力し、大会で使用するコートの確保や備品の準備、パンフレットの作成などの大会準備や、三週間にわたって開催される大会日程の進行を行いました。

特に実際の試合運営においては、熱中症への対策として会場の各所に役員を配置し、コミュニケーションを取り合うことで選手に合わせた進行を心がけました。

その結果として、予定期間内に全日程を終えることができ、さらに例年多かった熱中症の選手も誰一人出すことなく大会を終えることができました。

多くの仲間たちと協力し、チーム一丸となって努力した結果、大きな成功を収めることができたことを誇りに思っています。

日本生命で取り組みたい分野・仕事

私が貴社に入社させていただいた暁には、リーテイル部門においてキャリア形成を行いたいと思っています。

中でも私は、営業部の業績管理などを行う支社での業務に関心があります。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ