就活のプロが語る

  • お気に入り
  • 23SCORE

【就活のプロが語る】その内定先、本当に大丈夫?判断材料教えます!!

【就活のプロが語る】その内定先、本当に大丈夫?判断材料教えます!!

皆さんこんにちは。6月の段階で7割の方が内定を保有しているといわれています。就職先をここにしようかな、という風にお考え、お悩みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。確信を持って決断するための最後に見ておくべきポイント、ここだけの話でお教え致します!!

「あなた」は何をしますか?

内定をいただけるほどであれば、その会社がどんな会社なのか、どんな事業を行っているのかは何となくでもご存知かと思います。では、自分が入社したらどんなことをするのか、どんなプロジェクトに携わっていくのかなどは把握出来てますでしょうか?
例えば、「広告代理店」ですと、○○のコマーシャルを作っている、というような部分が強くイメージされますが、広告枠の販売や、制作会社、クリエイターと広告主の調整が主な業務内容となります。BtoCのサービスでは店舗など消費者として目に見える部分が目について、実際の業務がイメージと異なる場合があったりもします。
新卒から入った方に1年ずつ刻みでどんなことを行うのか聞いてみましょう。「ここでならやりたいことができる!」と思ったけど、結局思ったものと違う…と夢半ばに転職される第二新卒の方が多くいらっしゃいます。「自分」の仕事を可能な限り具体化しましょう。

人事と一緒に働くわけではない。

「社風」、「人」という観点から会社を選んでいる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?しかし…自分が思っているその会社への印象、間違いありませんか?「人事の方の人柄に惹かれて…」というのは良く聞きます。しかしながら、実際に一緒に働くのはあくまで現場の社員さんです。働きだして研修を終えると、もう半年人事と話していない、なんてことはよく有ります。もちろん、人事というのはその会社の象徴となるような方が務めている場合が多いです。しかしながら、自分が所属するであろう配属先の環境、人間関係などを事前にしっかりと見極めて下さい。人間環境から転職を決断される方も多くいらっしゃいます。

その会社の悪いところ見えてますか?

会社えらびで大事にされている要素は皆さんそれぞれで有りますよね。皆さんが求める情報について、正しい答えを得られていますか?今回は多くの方が気にされているであろう残業時間に関して、言われている情報が正しいかどうか見抜く方法をお教えします!ずばり!!夜の時間帯にその会社の灯りがついているかを見ることです。内定者向けの研修等で内定先に行くこともしばしばあるかと思います。将来の同期になるであろうメンバーと夜ご飯をともにしながら、懇親が終わった後にオフィスに行ってみる。電気がついていたならば要注意、消えていれば一安心ですね。1回だけではたまたまかもしれないので、何度か見てみると良いかもしれないですね。

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?今回伝えったことですが、多くの方が第二新卒として転職される理由は下記の3点です。
・やりたいことができない
・人間関係
・労務環境
この環境であればできる!働いていける!という風に思っても必ずしもそうとは限らないです。入社してからのギャップをなくすためにできることは可能な限りやっておきましょう。就職活動はあくまで第二の人生のスタート設定です。「良い会社」からの内定がゴールではありません。就活が佳境に入る今だからこそ今一度見直してみて下さい。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ