選考情報・体験談

人材【リクルートマネジメントソリューションズ】15卒

【選考方法】

SPI→1次選考(現場社員個人面接)→2次選考(リーダー社員個人面接)→3次選考(役員個人面接)→最終選考(社長個人面接)

1次選考

【人数】社員:学生=1:1
【時間】30分
【形式】現場社員の方と面接。大きな会議室の中にブースが区切られている。
【内容】「学生生活で1番頑張ったこと」を聞かれ、深く掘り下げられる。
何故それを頑張ったのか、その時何を考えていたか、どう行動したのか、周りからの評価はどうだったのか、現在にどのように活きているのかなど、1つのエピソードを深く掘り下げられた。
面接の雰囲気は和やか。
【備考】
選考時期 4月中旬
通知 当日

2次選考

【人数】社員:学生=1:1
【時間】30分
【形式】リーダー社員の方と個人面接。個室での面接。
【内容】自分史を3つに分けて説明し、それについて掘り下げられる。
どの出来事がきっかけで自身にどういう変化があったのか、またどうしてその出来事をしようと思ったのか等、動機(何に対してモチベーションが上がるのか、どういうことに喜びを感じるのか)を深く掘り下げられた。
雰囲気は厳しく、言葉1つ1つを選びながら話した。
【備考】
選考時期 4月中旬
通知 当日

3次選考

【人数】社員:学生=3:1
【時間】30分
【形式】人事の方を含めた役員個人面接。個室での面接。
【内容】どういった業界を受けているのか、他にどの企業をどういった基準で受けているのか。といった企業選びの軸を中心に掘り下げられた。
また、自分の強みをRMSでどう活かしていくか等、マッチングを図る為の質問も軽くされた。
面接の雰囲気は穏やか。
【備考】
選考時期 4月下旬
通知 当日

4次選考(最終面接)

【人数】社員:学生=3:1
【時間】30分
【形式】人事の方を含めた役員個人面接。個室での面接。
【内容】どういった業界を受けているのか、他にどの企業をどういった基準で受けているのか。といった企業選びの軸を中心に掘り下げられた。
また、自分の強みをRMSでどう活かしていくか等、マッチングを図る為の質問も軽くされた。
面接の雰囲気は穏やか。
【備考】
選考時期 5月上旬
通知 当日

【感想】
1次面接から個人面接で長時間の面接時間をとってくれるので、思う存分自分の考えを伝えることが出来た。また、選考後の合格通知時に、細かく選考のフィードバック・アドバ
イスをくれるので、次に繋げることが出来た。選考前には、待ち時間に内定者と話すことが出来る場が設けてあり、面接や就活全般の話を聞くことが出来た。
選考では、一貫して面接の後半に逆質問の時間が長くとられている。その質問が選考でも重視されているように感じたので、逆質問をしっかり考えていくことが大切だと思う。
なぜ、RMSじゃないとダメなのか、を明確に伝えることが重要だったと考える。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ