選考情報・体験談

化学メーカー【住友商事ケミカル】15卒

■選考全体の流れ
ES→Web能力検査→1次面接→2次面接→最終面接→内々定
会社説明会は実施せず、WEB上でのセミナー。

1次面接

【人数】社員(人事と営業、それぞれ30~40代ぐらいの人):学生=2:4
【時間】60分程度
【形式】面接 自己紹介 志望動機 なぜ専門商社なのか 学生時代に力を入れたこと 語学力について →ESに沿って面接官から質問
【内容】
自己紹介は一応、時間無制限で一人ひとり順番に言う。以降の質疑応答に関しては面接官が学生を無作為に指名して発言するようなかたち。
学生時代に力を入れたことに関しては、こちらの発言内容に2~3回は「なぜ?」を聞いてくるので、かなり深く追究される。
【所感・ワンポイントアドバイス】
志望動機、併せて専門商社を志望した理由については、自分なりに考えをすぐに導きだせるようにしておくことが重要。私の場合は「化学メーカーを志望していた延長で、化学品専門商社も志望した」というように答えた。
【備考】結果連絡 1日後
時期 面接日5/1

2次面接

【人数】社員(人事と営業、それぞれ30~40代ぐらいの人):学生=2:4
【時間】60分程度
【形式】面接 自己紹介 志望動機 なぜ専門商社なのか 学生時代に力を入れたこと 語学力について →ESに沿って面接官から質問
【内容】
自己紹介は一応、時間無制限で一人ひとり順番に言う。以降の質疑応答に関しては面接官が学生を無作為に指名して発言するようなかたち。
学生時代に力を入れたことに関しては、こちらの発言内容に2~3回は「なぜ?」を聞いてくるので、かなり深く追究される。
【所感・ワンポイントアドバイス】
志望動機、併せて専門商社を志望した理由については、自分なりに考えをすぐに導きだせるようにしておくことが重要。私の場合は「化学メーカーを志望していた延長で、化学品専門商社も志望した」というように答えた。
【備考】結果連絡 1日後
時期 面接日5/1

最終面接

【人数】社員(社長、事業部の部長×2、人事部長):学生=4:3
【時間】90分程度
【形式】面接 自己紹介 志望動機 学生時代に力を入れたこと(学業以外) 学生時代に力を入れたこと(学業) どんなことをしている時が楽しいか →ESに沿って面接官から質問 社長から質問
【内容】
面接の形式や要領はこれまでの面接と変わらず。
社長からの個別質問がある。
《社長からの質問》
・ズバリ、あなたはモテますか…?
・自分の性格は、リーダーとして周りを引っ張る「将軍タイプ」か?それとも、作戦を練って周りを支える「参謀タイプ」か? (NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」にちなんで)
【所感・ワンポイントアドバイス】
面接時間の長さは最終面接も同様。社長も同席のためプレッシャーや緊張感はこれまでの面接以上に感じると思うが、そこは開き直って望むしかない。社長の個別質問にはあまり深く考え込むことなく回答することがいいと思う。ちなみに私は「モテます!!」とはっきり答えた。
【備考】結果連絡 当日
時期 面接日5/22→内々定連絡5/22

■選考全体所感・アドバイス
面接時間が長く、一回の面接が終わる度にどっと疲れた印象がある。しかし、これだけ長く時間をとって面接をしているということは、それだけ学生の人間性や志望度をじっくり見ていると言えよう。そう考えると個別の質問も、「一緒に働きたいと思えるかどうか」を見極めるための断片に過ぎないと思える。「次は何を聞かれるのだろう?」と怯えることなく、どっしりと構えて面接に臨むことができればよし。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ