選考情報・体験談

IT【新日鉄住金ソリューションズ】15卒

【選考方法】
ES&テスト(説明会で)→ジョブマッチング面談1回目→ジョブマッチング面談2回目→人事面談→最終面談→(他社の選考をすべて辞退すれば)内定

ジョブマッチング面談1回目

【人数】社員:学生=1:1
【時間】30分
【内容】
「ジョブマッチング面談」という名の面接。「選考ではない」とされているため、逆質問が主だった。逆質問の中に、志望動機を含むように心掛けた。
「うちはきついけど大丈夫か?」と言われ、
「激務上等。体力には自信がある。また、自分はバリバリに働き、社会に大きな価値を生み出したいと考えている。まったり働きたいといっている友人も多いが、自分は彼らの二倍働き二倍以上の価値を社会に生み出すようなビジネスマンになりたい。」
と話すと絶賛された。
【備考】
ジョブマッチングの直後、人事によばれ、面談した。
説明会で聞いたことをそのまま言っただけの形となり、
感触は悪かった。

ジョブマッチング面談2回目

【人数】社員:学生=1:1
【時間】30分
【内容】
ジョブマッチング面談という名の面接。今回も逆質問が主。
やはり、体育会系な社風もあるようだった。
「人間やらなきゃいけないときがある」という面接官の言葉が印象的だった。
【備考】
一回目のジョブマッチングのときよりも、さらに年配の面接官だった。

人事面談

【人数】社員(人事):学生=1:1
【時間】30分
【内容】
人事面談。選考ではなく、他にどのような会社を受けるつもりなのか?会社(待遇や勤務地など)について何か質問があるか?について聞かれた。
【備考】
「今回は選考ではない」って今までは?っという感じだった。
実質、ジョブマッチングは選考だったということが確定した。

最終面接

【人数】社員(人事責任者):学生=1:1
【時間】30分
【内容】
人事責任者と最終面接。
今まで何人かの社員と話してみてどうだったか?新日鉄住金ソリューションズで何がしたいか?というようなことを聞かれた。
【備考】
このあと、「他社を全部辞退して連絡してくれ」という電話が来た。

【感想】
とても不透明な選考方法だった。
面談の雰囲気は穏やかだったが、社員の方の話を聞いていて、まじめで厳しい社風を感じた。ただ、人によっては圧迫だと感じる人もいるらしい。
真面目で厳しくお堅い社風ではあるが、高い技術力を持ち、社員をしっかり育てようとするカルチャーのある良い会社だと思う。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ