選考情報・体験談

アパレル【GU】15卒

【選考フロー】
ES・テストセンター→面接3回→内定

1次面接

【人数】社員(若手):学生=2:6
【時間】30分
【形式】GD→面接
【内容】GDは5つの与えられたテーマのうち、1つを選び、話し合う。
自分たちは『満足のいく就職活動をするためには』を選んだ。15分ぐらいで、模造紙にまとめ、プレゼンまで行うため、時間が短い。自分たちのグループは制限時間を5分もオーバーしてしまった。
面接はかっちりしたものではなく、テーブルを学生と社員で囲み、当てられる。自分の自己紹介1分+それに関する社員からの質問1・2つ。という軽いモノ。他の学生の自己紹介を聞いてそこに質問するよう社員から言われる。
【備考】
結果連絡1日後。であったのだが、次の面接の日程が満席になっていて中々、2次面接を予約することが出来なかった。1次の20日後ぐらいに受けた。

2次面接

【人数】社員(若手):学生=1:1
【時間】15分
【形式】面接
【内容】まず、初めに自己紹介1分。そのあとは、提出したESにそって質問される。
・仲間まとめるのは大変じゃなかった?工夫したことは?
・ 志望動機は?→他にアパレル業界を受けてるわけではなかったので、『貴社の理念に共感した』と答えた。
・部活を続ける中で一番大変だったことは?
『12年間野球を続けている』というのが受けた。一つのことを長い間続けた辛抱強さが評価された。
【備考】
結果連絡は、1日後であった。
このあと、最終の前に『逆質問会』というのが開催される。学生:社員=8:1ぐらいで、社員にGUのことについて質問する。特にこれは採用とは関係無く、ただただ質問するだけ。

3次面接(最終)

【人数】社員(まあまあ偉い人):学生=1:1
【時間】30分
【形式】面接
【内容】前の面接と重複して聞かれる質問があった。オーソドックス。
時間があまり、逆質問の時間が15分くらいとられた。

この面接からGUとしての面接なので、なぜユニクロではなくGUなのか答えられなきゃならない。面接官の目力が凄く、絶対に見透かしてやろう。という意気込みを感じた。

感想

面接の時期が他の企業よりも早いので、練習としても受けておいて損はない。
2次面接まではファーストリテイリングとして、ユニクロの選考も同時に行う。ユニクロの方はそこから最終面接に進む前に2日間のインターンシップに参加しなくてはならない。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ