選考情報・体験談

外食産業【日本マクドナルド】09卒

誰もが知るマクドナルド!!
その選考の内容に迫ります!!

■選考全体の流れ

ビジネスセミナー→ES・web適性検査→グループセッション→面談(複数回)→最終面談(人事部・営業上層部)→内定

■1次面接グループセッション

【人数】社員(人事部):学生=1:2~3
【形式】集団討論
【内容】簡単な自己紹介、マクドナルドのビジネスについて全員で議論
【所感・アドバイス】
いわゆるグループディスカッションのようなものではなく、面接官も含めての議論になります。
マックについての予備知識はあるか、事前に勉強をしているか、学生の本気度を確かめられます。
ビジネスに対する施策がどうというよりも、論理的に考え発言が出来るか見られていると思います。
【備考】結果連絡:1週間以内

■面談

【人数】社員:学生=1:1
【形式】面談形式
【内容】自己紹介、質問タイム・議論
【所感・アドバイス】
面談にて、初めて自分の紹介をしっかりと行いますので、自己分析を行ってしっかりとアピールすることが大切です。
自己紹介後、グループ面接と同じく、マクドナルドのビジネスモデル及びピープルビジネスの捉え方について、どのように考えているのか、考察を求められます。この点は良い、逆にこの点に関しては改善の余地があるのではないかと、しっかりと当事者意識を持って意見を言えると良いと思います。
【備考】
結果連絡:随時面談が設定される
その後2~3回の面談で考えが掘り下げられる。すぐに最終面接が設定される場合もあるようです。

■最終面接

【人数】社員:学生=1:1
【時間】1時間
【形式】個別面接
【内容】個人面談とほぼ同じ
【所感・アドバイス】
 面談中の受け答えをしっかりと整理して、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。
【備考】
結果連絡:当日もしくは1週間以内

■選考全体所感・アドバイス

ざっくばらんにお話を聞けるので、不安な点、分からない点などは遠慮せずに何でも質問すると良いと思います。いわゆる簡潔な受け答えではなく、聞かれたことに対して、自分の考えを深く深く掘り下げられるか、本質を理解しているかを重視している印象を受けました。答えに詰まっても考える時間も与えてくれるので、諦めず真摯に答えましょう。服装はビジネスカジュアルでも良いです。ピープルビジネスを重視しているため、「今まで出会った人達との関係」「仲間とのつながりをどうやって築いてきたか」をちゃんと伝えられるようにしましょう。チームの中で仕事ができるのか、コミュニケーション能力はあるか、などを特に重視していると思われるため、しっかりとアピールできるようにしましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ