/category/report/post-46565/

選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 71SCORE

自分への「過大評価」が就活を失敗させる3つの理由

人は自分を過大評価してしまう傾向にあります。これが過度な過大評価になればなるほど、就活で失敗してしまう確率が上がっていきます。今から就活で失敗してしまう学生の傾向を説明していきたいと思います。

① 自分のプラス面を過大評価する

ほとんどの人が実体はさておき自分は素晴らしく、中の上ぐらいであると感じています。こうした考え方の傾向はあらゆる場面で見受けられます。
たとえば、日常的に車を運転する生活を送っている人に。「あなたは平均よりも運転がうまい方ですか?」と訊いた調査結果があります。
あくまでも平均に比べたら「まあマシな方かどうか」という判断です。このアンケートの結果は驚くべきもので、なんと70%の人が「私は平均以上です」と答えるのです。70%という値は平均値の概念にそぐいません。つまり、多くの人が「自分は平均以上にデキる」と勘違いしていることがわかります。

② 失敗から目を背ける

我々は失敗から学ぶ生き物です。しかし他人の失敗にはとやかく頓着せず、ましては学ぶことなどあまりないと感じているのが普通ではないでしょうか。これは生存者バイアスと呼ばれるもので、一般に成功にはたくさん注目が集まるものですが失敗は見過ごされる傾向があります。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ