/category/report/post-46960/

選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 964SCORE

楽しい大学生活に努力してきた人がなる「意識高い系就活生」

楽しい大学生活に努力してきた人がなる「意識高い系就活生」

その意識の高さウザイだけです。

さて、今の世の中「意識高い系大学生」という言葉ができるくらい
「意識が高い(本人の自己評価がわけわからないくらい高い。実績がないのに自分は有能だと勘違いしている)大学生が多いですよね。

筆者の考えでは
・意識高い大学生
・意識高い系大学生
の二種類の方々がいるように思えます。

前者はしっかりと根拠となる事実があり、周りからもすごいなと思われるような大学生です。私の知り合いでは塾を大学生のうちに始め、合格者をぞくぞく輩出している方がいます。
この方は周りの人から羨望のまなざしを集めています。

さて、今回のノートではただただウザイだけの後者にあなたがなっていないかを客観的に考えていただくために書きました。

ここから下はしっかりと自分と向き合う勇気があり日々成長するあなたのために書いた文章です。

期限を見るのではなく、期限までの時間を見る!?

学生団体のときなどでは「○月○日までにアジェンダあげておいてー」と言われ、そして
 その日までにあげればいいと思い、下手をすれば期限を過ぎるけどとりあえずあげましたというようなことが多いと思います。
 社会ではまず期限を守らないといけません。期限は信用なのです。
 「学生団体の企画したイベントに遅刻してくるメンバー」信用できませんよね?
ここでさらに社会では厳しくなるのは期限を守るだけではプラマイ0と言うことです。
ではどうしたらプラスになるのでしょうか?
それは期限より早く出すことです。
出した先の方が忙しい人だったら、隙間時間にその提出物に目を通すことができますよね?
つまり相手の行動の自由度を上げることによって評価を上げられるのです。
あなたはしっかりと期限を守り、相手の信用を意識していますか?

あなたは本当に実力がありますか!?

「ありますよ!もちろん!団体では50人規模のイベントを成功させました

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ