/category/report/post-50114/

選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 305SCORE

自分語りはNG!?「頑張ったことは何ですか?」への答え方

自分語りはNG!?「頑張ったことは何ですか?」への答え方

「学生時代にがんばった事は何ですか?」この質問に対してなんと答えていますか??就活生がよくハマってしまう落とし穴とは?

こんな「学生時代に頑張ったこと」はNG!?

「学生時代に頑張ったことは何ですか?」という面接官の質問に対してなんと答えていますか?
「こういう活動してました!」「こういうリーダーをやっていました!」「こんな成果を残しました!」
ついつい自分の成果自慢や、苦労話ばかりしていませんか?

これ、実は面接官にまっっったく響いていません。

ついつい他の学生との違いを出すことを意識しすぎて、(少し盛って)事実ばかりを答えてしまいがちです。
面接官の質問の意図を考えると、実はこういったことはあまり気にしていないのです。

「学生時代に頑張ったこと」で面接官が聞きたいこととは?

面接官はなぜ学生時代に頑張ったことを聞くのでしょうか?それは、学生時代の活動自体を聞きたいのではなく、頑張ったことからその人の「可能性」を見ているのです。この学生はどう頑張れるのか、課題にぶつかった時にどう対処をするのか、なんのために頑張れるのか。これらを知ることで「会社に入った時にどんな活躍をしてくれそうなのか」

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ