/category/report/post-51310/

選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 425SCORE

印象に強く残った就活生たち

印象に強く残った就活生たち

同じようなスーツを着て、同じような髪型をする就活生。しかし、その内面は多種多様。9割の学生はまともなのだが、中には変わった学生も存在する。今回は、今までに出会った今でも忘れられない4人の就活生を紹介していく。

① タキシードを着た就職活動生

ある企業の選考で私服で来るようにとの指定があり、ほとんどの学生が私服で来ていた中、一人だけ白いタキシードを着ていた学生がいた。しかもズボンにはコーヒーのシミがついており、なんとも言えないくらいダサかった。

さらにタキシードの学生を見た企業の人事は、
人事:「これは私服ですか?」
学生:「いいえ、インパクトを残すために着てきました」
面接官:「普段の私服からその人の人となりを判断しようとしていたのですが、それでは何も意味がありませんね」
学生:「・・・・・・」
上記のように学生を詰めるだけ詰めて放置する始末。
その学生はいたたまれなくなり、会場から退出してしまった。

② ヒッピーに憧れてた就活生

ある企業の選考で一緒になったのだが、その学生は、ヒッピーになるために大学を休学して一人南の島で暮らしていたのだそう。その時の写真を見せてくれたのだが、強面の黒人のお兄さんに隣にロン毛アフロヘアの彼がそこに映っ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ