/category/report/post-53240/

選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 20SCORE

就活する学生のナビ離れが進んでいることを知っていますか?

就活する学生のナビ離れが進んでいることを知っていますか?

就活といえば、誰でも求人ナビを活用して、希望の企業を探すかと思います。
以前までの就活サイトは、企業情報と雇用条件が記載されているだけのもでしたが、現在は求人情報だけではなく役立つコラムや就職支援も掲載されているため、まずは登録しておくというのが一連の流れだと思います。
ですが、就活中の学生にとって役立つ求人ナビをあえて利用せずに就職を希望している学生が増えています。
その傾向と理由についてここで詳しく解説していきます。

求人ナビを使わない方法とは

インターンからそのまま就職するという方法や、同じゼミだった先輩に紹介をしてもらって企業に入る学生や、アルバイト先の企業にそのまま就職をする学生もいます。
この他にもハローワークを利用したり、企業のホームページの求人案内からエントリーをするケースもあります。
知り合いから紹介してもらうという事は、より信頼性の高い人から紹介してもらうことが出来るため、自分が希望する企業への就職ができることがあります。
また、企業からしてもまったく知らない人ではないため、安心して採用することが出来るといったメリットがあります。
紹介で内定を得るためには、やはり人脈作りが大切です。
より多くの人と繋がりを持っていることで、思わぬ人脈で就職が決まることもあります。

ナビを使わない学生の本音

私自身もナビを使わないで就職をしました。
学校の企業説明会に来ていた企業とお話をさせてもらい、夏休みの期間中インターンでお世話になって就職

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ