/category/report/post-53325/

選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 30SCORE

あれ…思ってたのと違う?入社前と後のイメージの違いに戸惑う学生と社会人が多い

あれ…思ってたのと違う?入社前と後のイメージの違いに戸惑う学生と社会人が多い

人気の企業や自分がやりたい業種で働きたいと就活をしている学生が内定をもらっていざ働き始めると、1年も経たないうちに入社後のイメージが違ったという話を聞きます。
理想を持つことはとても大事ですが、そこに企業とのギャップが生まれてしまっては「本当にこの会社でいいのかな?」と悩んでしまうと思います。
そこで、ここではそんなギャップを上手く解消するヒントをご紹介します。

イメージと違うと感じる瞬間とは

内定をもらってる会社や、社会人1年目として働いている人が入社前後のイメージで違っていたと感じる事柄には、下記のようなものがあります。
給与は安定しているので理想だけど、思っていたよりも体質が古くて新しい取り組みがなかなかできない。
現場研修期間が半年ではなく2年など長期間であったり、自分のスキルを活かせると思って入社したけれど、事務作業がメインでこのまま進んでもいいのかと戸惑っているパターンです。
実際に、私のところにも同じタイミングで内定をもらった友人から、このような相談を受けたことがあります。
そこで試してほしいのがもう一度、企業の情報を整理するという方法です。

整理することでギャップの穴を埋める

希望していた企業から内定をもらうと、誰しもうれしくなって舞い上がってしまい本来の意図が不明確になってしまうことはそう少なくはありません。
そこで、希望している企業の魅力と仕事内容の魅力、組織風土に待遇をもう一度見直

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ