/category/report/post-53614/

選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 21SCORE

「英語が好きだから」だけで就活はNG!ワンランク上の理由で就職活動をしよう

「英語が好きだから」だけで就活はNG!ワンランク上の理由で就職活動をしよう

2017年卒の就職活動が一段落つき、いよいよ2018年卒の就活が始まります。
3月の解禁時期を前に自分の得意不得意を整理し、どんな職業に就きたいのかが見えてきた頃ではないですか?
英語が得意な人は、それだけを理由にして職業を選んでしまうと、後々苦しい思いをすることになってしまいます。
どうして苦しい思いをすることになるのかはこちらをご覧ください。

英語は結局「ツールである」

就活をするとき、自分が得意とするスキルがあり、そのスキルを活かした仕事がしたいと考えるのはとても良いことです。
ただ、その動機だけでは就職活動がうまくいかない事もあります。
英語はコミュニケーションを円滑にすすめるための手段であり、ツールでしかありません。
たとえば私達は、母国語として日本語が話せたり読み書きが出来たりしますが、この日本語が使えるだけでどんな仕事にでも活かすことが出来るでしょうか?
英語も同じで、他国の言葉が話せるだけでそれが直接仕事になるのではなく、仕事を有利にさせるための要素でしかありません。
英語を使って何をするのか?というところが重要であり、話せるから書けるからという事だけで仕事に活かせるだろうという考えは少し安直な気がします。
英語を使って何をしたいのかという基盤がしっかり固まっていないと内定も出にくく、仮に出たとしても、そもそも入社をしてからこんな仕

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ