/category/report/post-53789/

選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 22SCORE

【就活】新卒で入社すべき理由は何?

【就活】新卒で入社すべき理由は何?

就職活動をしていると、すでに就職をしている人や社会人経験のある人から、「新卒で内定を取れ」と言われます。
応募は既卒や第二新卒など幅広い層で出されているし、有名企業や分野を問わなければ求人は多くあります。
にも拘わらず、どうして新卒でなければならないのでしょうか?

新卒の方が有名企業などに就職しやすいというメリットがある

企業にとって新卒というのはまっさらな状態、つまりはまだ仕事のノウハウを分かっていないこれから芽吹く種のようなものと考えています。
このため、どれほど学生時代に優秀で功績を残していたとしても、ビジネスに絡む功績でもない限り起点は同じです。
横並びの状態で就職し、社内で育てていくということになるので、期待値としては今からここからとなりハードルはそれほど高くはありません。
ですが、これが中途採用という枠であると、転職をする前にどれほどの実績を積んだかが重視されるため、これといって特に実績がない人だと有名企業への就職はハードルが高くなってしまいます。
言い換えれば実績を求めるというのは能力を重視されるわけですから、特別な実績がない限り採用されないと言い換えることが出来ます。
だからこそ新卒ブランドを捨てずに就活した方が良いという理由は、良い会社にハードルが低い状態で入社をすることが出来る

関連記事

ページトップ