選考情報・体験談

  • お気に入り
  • 1SCORE

今話題の就活で気になる総合電機3社の醍醐味を知ろう

今話題の就活で気になる総合電機3社の醍醐味を知ろう

電機メーカーへの就活として人気なのが総合電機3社です。
日立、三菱、そして東芝と人気メーカーがあるわけですが、学生の私たちにも身近な家電からグローバルで巨大な事業まで幅広く展開しており、世界からも注目される技術と人材を有しています。
その一翼を担える存在になれるか、総合電機3社の醍醐味を見ていきましょう。

日立

日立は白物家電で一般生活者にも身近であるだけでなく、現在では日本をはじめ世界的にも問題になっている環境問題や高齢化社会を見据え、社会的な問題の解決に貢献すべく、電力・エネルギー、産業・流通・水、アーバン事業をはじめ、電機分野とは一見関連のない金融・公共・へルスケアも注力分野に位置づけています。
もともと、企業理念として優れた自主技術と製品の開発を通じて社会に貢献することを掲げており、人々が便利に安心して豊かな暮らしが営めるよう、技術開発や事業を展開している企業です。
茨城県日立市を中心に企業町も形成されており、茨城県から常磐線沿線、首都圏近郊にかけて病院や介護施設の運営やビジネスホテルの経営まで幅広く展開しています。
家電も進化を続けており、アイロンが要らない洗濯乾燥機の開発など、常に生活者の利便性を追求した驚きのアイディアで勝負しています。
新しい技術の開発をはじめ、社会貢献の一翼を担える多彩な事業に興味がある方に、何をやりたいか、何に着目しているのかを明確にしたうえでエントリーしたい企業です。

三菱電機

もともとは財閥を母体にした三菱電機グループの企業理念は、豊かな社会構築に貢献するグローバル環境先進企業であり、その点では日立と共通する点もあります。
世界の人の豊かな生活と多様な生物が共存する持続可能な社会の実現を目指し、低炭素社会・循環型社会・生物多様性保全を三本柱に全ての事業において優れたエネルギー効率と資源効率を高めた製品作りやサービスの開発を行っています。
エコチェンジに重点を置いた豊かな社会づくりを目指し、家電製品をはじめ、産業メカトロニクスや情報通信システム、電子デバイスまで幅広く事業展開を行っています。

東芝

東芝は現在、原子力発電に関する問題や半導体事業における不正会計などで社会的な信頼が揺らいでおり、厳しい側面があります。
事業の一部売却などどう動くか分からない現実がありますが、その技術の高さは世界に認められるところであり、東芝の技術を守る動きが金融機関や経済界でも模索されています。
日立や三菱と同様、社会の発展に貢献することをモットーに、エネルギーや社会インフラ、ストレージを注力事業領域に据えています。
水素を活用した新エネルギーシステムや省エネに役立つパワーエレクトロニクス分野にも積極的に取り組んできました。
信頼の失墜により、就活を控える学生さんや採用を控える動きも懸念されますが、こうした時だからこそ、ご自身の技術を東芝で活かし、会社復興に貢献したいとアピールするのも手かもしれません。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ