選考情報・体験談

【就活生必見】最終面接で落ちる人はどんな人?

【就活生必見】最終面接で落ちる人はどんな人?

就職活動で面接を受ける機会がありますが、なかなか慣れないとお悩みの方も多いでしょう。

特に最終面接に進んだ時には、緊張してなかなか全力を出せないこともあります。

私も緊張して難しいと思ったことがありますが、最終面接で不採用にならないようにはどうすればよいか?

きちんと考えておくと、面接の際も緊張せずに過ごすことが出来ました。

どういった点に注意をすれば良いのか?解説いたします。

やる気が感じられるように気をつけよう

明日は最終面接だと、緊張してしまった眠れないということもあるかもしれません。

寝不足で最終面接にのぞむこともありますが、面接官にやる気があることを見せましょう。

挨拶は元気よく、質問の受け答えもはきはきと出来るよう意識をしましょう。

大声を出す必要はありませんが、小声で面接官に声が聞こえないということがないように気をつけたいです。

やる気がないイコール意欲がないとみなされ、最終面接に受からない人も多々います。

「是非この会社で働かせてください」と、意欲がある人が採用されやすいです。

やる気があるから研修にも耐えられるだろう、これから長く働いてくれるだろうと、面接官に感じてもらえるように頑張りましょう。

緊張しないように練習もおすすめ

面接は何度受けても緊張しますし、自分の言いたいことを言えないという人も多いでしょう。

私もいざ面接となるとよく緊張をしていましたが、練習をすること

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ