選考情報・体験談

【再確認】就活時に抑えておきたいメールと電話の基本

【再確認】就活時に抑えておきたいメールと電話の基本

就活をするにあたって、問い合わせや先方との連絡の際に電話やメールを使うことはしばしばあります。この電話やメールでコミュニケーションを取る際にもマナーがあります。このマナーを押さえておかないと、「社会人の基本がない」と判断されてしまい、採用を断られるかもしれません。ここでは電話・メールのマナーの基本について紹介します。

まずは言葉遣いを覚えるところから

言葉遣いによって、その人の印象は大きく変わります。丁寧な言葉遣いを意識して、電話・メールをするように心がけましょう。言葉遣いが難しいという学生もいるでしょう。そうした方は、よく使う言葉を丁寧に変える習慣をつけましょう。例えば「僕・俺」を「私」、「すごく」を「大変・とても」といったようにです。簡単なことですが、これだけでも言葉遣いは丁寧になります。

またいくつかクッション言葉を覚えておくと、丁寧な表現のバリエーションに厚みが増します。「恐れ入りますが…」「差し支えなければ…」「申し訳ございませんが…」このような言葉を一言挟めるだけでも丁寧さが向上します。

学生にありがちなのは、間違った敬語を使用するパターンです。尊敬語と謙譲語の使い方を間違っている方は多いです。例えば「了解しました」は目下の人に対して使う言葉のため、会社の電話・メールでは不適切です。目上の人には「承知しました」「

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ