選考情報・体験談

製薬【ノボノルディスクファーマ】15卒

【選考方法】
Webテスト→面接3回(初回面接時にES記入)→内定

1次選考

【プレゼン・個人面接】

■人数 社員(人事の40歳くらいの女性):学生=1:1
■時間 20分
■内容
1つの会議室に6名ほど集められ、ES記入&プレゼン内容考察
軽く自己紹介をした後、学生時代力を入れたことを5分間で、
大きめの用紙を用いてプレゼン。
その後、別室に移動し20分間1対1の面接。
内容は学生生活のことに関して。
■雰囲気
面接官はニコニコしていて、場はリラックスしたような雰囲気。
社員の手元にESが有り読まれている為、
ESに記載されている内容に沿って軽く質問してくる。
雑談のような形で深堀。
■感想
明るく胸を張って臨めたところが評価されたと感じる
■備考
結果連絡 1日後
面接時期 4/16

2次選考

【個人面接】

■人数 社員(ダイレクター):学生=1:1
■時間 30分
■内容
学生時代力を入れたこと→ESに沿って面接官から質問
面接自体は10分で終わり、残りの20分で逆質問。
■雰囲気
少々圧迫気味の面接で緊張感があった。
■感想
面接官による質問は考えさせられるものばかりで頭をつかった。
自ら考え行動に移した経験はあるかという質問を他の質問より深堀してきたため、
自分で考え行動できる人間かどうかを重視していたようであった
逆質問の時間が長いため、企業研究をしっかりとやるべき
■備考
結果連絡 即日
面接時期 4/23

3次選考

【個人面接】

■人数 社員(人事総本部長):学生=1:1
■時間 50分(30分予定のとこ20分延長)
■内容
考えさせられる質問20分
・アルカリ性と酸性のpHの値
・人を動かすのに重要な要素
・今まで習った印象深い経営学
→「リスクヘッジ」と答えると、
人事のリスクヘッジにはどのような例があるかと質問された。
経営の話
逆質問
■備考
結果連絡 その場
面接時期 4/25

総括

他社よりも、私自身を心の奥底まで見てくれた気がした。
人事の社員の方が待ち時間などを通して、
積極的に話しかけてくれ温かみを感じた。
面接ではその場で考えさせられるような質問ばかりで素が出せていたと思う。
人事総本部長との経営の話がとても楽しく、
身近に経営の話ができる人がいるというのは素晴らしいことであると感じた。
現場の社員たちが経営的視点を持つことができたら楽しいだろうな
と思っていたので、志望度がさらにあがった。常に考えさせられそうだと感じた。
選考全体を通して、「自ら考え主体的に行動できるかどうか」について
特に見られていたのではないかと思う。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ