選考情報・体験談

ネットリサーチ【マクロミル】15卒

【選考方法】
テストセンターとES→面接3回→内定
※ベンチャーズライブというイベントで自分は選考パス出来る権利を頂いたので、本来はテストセンターの前にグループワークがあります。

1次選考

【個人面接】

■人数 社員(人事):学生=1:1
■時間 40分
■内容
面接 自己紹介・学生時代に力を入れてきたこと→ESに沿って質問
まず簡単に自己紹介をして、学生時代力を入れてきたこと話す。
自分の学んでいる分野とマクロミルの事業が近いため、興味を持って聞いてくれたように感じた。
その後、ESに沿って質問された。終始和やかに進んで行った。
■備考
結果連絡 1週間後
面接時期 4/3

2次選考

【個人面接】

■人数 社員(営業マネージャー):学生=1:1
■時間 80分(本来60分)
■内容 
自己紹介→ビジョンシートの説明→ビジョンシートに沿って質問
まず簡単に自己紹介。
次にビジョンシート(自分の将来成し遂げたいことのために、
マクロミルで何をしたいのかを記入するシート)について説明し、
内容に関していろいろ質問された。
このシートをかなり論理的に説明が出来ないと、落ちる気がした。
その後、面接官の方の経歴の話を結構深く聞いたので、20分オーバーして終了。
■備考
結果連絡 その場(後日日程調整の電話あり)
面接時期 4/15

最終選考

■人数 社員(役員):学生=2:1
■時間 30分
■内容
自己PRプレゼン(3分)→ES、ビジョンシート、プレゼンについて質問
事前に自己PRプレゼンをするのでスライドを作ってくるように指示される。(内容は自由)
当日はそのスライドを基に、3分ほど自己PR。
(自分は、①将来なりたい姿②マクロミルでやりたいこと
③マクロミルで出せる自分の強みについて話した。)
その後に、役員2名の手元にはES、ビジョンシート、スライド資料があるので、
そこから質問がされた。
役員の一人の方がバスケットボールをやっていたので、バスケの話が多かった。
また、「きついけど耐えられる?」といった根性に関する質問も飛んできた。
■備考
結果連絡 その場
面接終了後に別室で待機し、その場で内定を告げられた。
面接時期 4/21

総括

全ての面接を通して、論理的かどうかを強く見られている印象。
「将来成し遂げたいことのために、マクロミルで何をやるのか?」に
ついて語れないと内定は厳しい。
また当然だがES、ビジョンシート、自己PRプレゼンの内容について
一貫性がないとすぐに見抜かれてしまうと思う。
営業の場合は、しっかりと論理的にしゃべれるかどうか、
データアナリストの場合は、
相当のデータ分析スキル(全国のデータ分析コンペ入賞レベル)がないと厳しい印象を受けた。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ