ESの書き方

就活の際に役立つ!履歴書やESの書き方とポイントについて知ろう

就活の際に役立つ!履歴書やESの書き方とポイントについて知ろう

就活をしていると必ず書かなくてはいけないのが履歴書とESで、一枚だけではなく何枚も書きます。
しかし、いざ履歴書やESを書く時に、趣味や特技といったアピールポイントで悩んでしまいます。
ここで注意しなければいけない事や、上手く書くためのコツなどは沢山あります。
そこで、履歴書やESを書くときに気を付けておきたいポイントや、自己アピールに効果的なコツをご説明します。

まずは志望理由を具体的に書きましょう

履歴書やESを書く時に、最も力を入れるのは志望理由の欄です。
私も就活中に履歴書やESを書きましたが、志望理由をしっかりと伝えなくてはと思い、長い時間をかけて書き上げました。
志望理由を書く時は、自分がどうしてその職場を志願したのかを具体的に書くことが必要です。
ここで注意点として、十分に会社や企業の方針を理解した上で、就職したらどの様なことがしたいかを書くことが重要となります。
そのため、事業内容をしっかりと調べて、どんな仕事に興味を持ったのかなどを書きましょう。
また、積極的で前向きな姿勢はとても良い印象へとつながります。
挑戦したい仕事があれば必ず書いておくことで、自身のアピールポイントとなります。

趣味や特技は、仕事に関係したことを述べるのがオススメ!

趣味や特技の欄が設けられている時は、仕事に関係しているものを述べるのが効果的です。
特に趣味は、自分が何に興味や関心があるのかが分かる部分でもあるため、面接官はその人の人となりを見るために確認します。
ここで、読書やスポーツと書いても間違いではありませんが、たとえば医療系の職場ならば、「最近流行っている感染症について調べている」といえば熱心さがよりアピールできます。
とはいえ、注意しなくてはいけないのは、自分を良く見せるために嘘をつかないようにすることです。
趣味や特技は、自分が持っている特徴やスキルでもあるので、正直に書くようにしましょう。

資格などで自己アピールを積極的に行い、丁寧に記載する!

資格や免許は、自分の得意な分野や持っているスキルを客観的に良く表しているものです。
そのため、自己アピールをする際にはとても効果的です。
特に、誰もがすぐに手に入れることができない国家資格は、貴重なスキルを持っている人材として評価されます。
また、学歴や成績なども比較検討の資料となるので、持っている検定や現在勉強中の資格などを書くことも重要です。
履歴書を書く時は、自己アピールをしっかりと行うことも重要ですが、丁寧な字で綺麗に書き上げることも大切です。
そのため、誤字や脱字が無いようにするといった基本的なルールを忘れないようにすることも忘れないで下さいね!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ