自己分析

ハマってない?『自己分析の落とし穴』

ハマってない?『自己分析の落とし穴』

就職活動でまず行うのが「自己分析」。

もちろんとても大切で必要な行程ですが、方向性を間違えると大変な結果へと陥りかねません。

自分のやり方が間違ってないか、もう一度振り返ってみませんか?

落とし穴① 先入観にしばられ、決めつける

「私はアルバイトで接客業をしていたから、コミュニケーション力が長所だ」と決めつけてしまい、きちんと自己分析をしないケースです。

そうやって先入観で決めてしまうと、「他にコミュニケーション力を発揮した経験は?」「どうやってコミュニケーション力を伸ばしたのですか?」など

掘り下げて聞かれたときに答えられなくなってしまいます。

安直に決め付けるのではなく、じっくり過去を振り返って、「なぜうまくいったか」「どうやって乗り越えたか」など深く掘り下げることで、本当に自分が得意なことが見えてきます。

落とし穴② 志望企業に捉われすぎてしまう

自分が志望している企業から、その企業に関係しそうな能力についてしか分析せず、自分の可能性を経ってしまうケースです。

自分は商社向きだ、絶対金融に行く、など最初から業界を絞って、それを基に自己分析をしてしまうので、自分の本当の長所を見逃してしまうことがあるのです。

志望企業の求める人材像というのを一旦忘れ、フラットな気持ちで自己分析を行いましょう。

思ってもみないところで長所が見つかり、それが志望企業の内定へつながるかもしれません。

落とし穴③ 短所しか見つけられない

ネガティブな人にありがちなのが、短所ばかり見つかり長所がない。「自分なんて…」とさらにネガティブになってしまうケースです。

就活のための自己分析というと、長所を探すことにこだわってしまいがちですが、こういうタイプの人はまず短所を書き出してみましょう。

その短所を認めた上で、発想の転換をしてみましょう。

「人に話しかけるのが苦手」という短所は、「相手のタイミングを窺い、気を遣うことができる」という長所でもあります。

一旦自分の短所を受け入れて、それはどんな長所になるのかもう一度考えてみましょう。

また、このタイプに多いのは、自分がしたことに対して、「大したことじゃない」と思っている人です。

ただのアルバイトでも結果の出なかった勉強でも、やったことに対して、「なぜやったのか」「どう頑張ったのか」「なにを考えて行動していたのか」もう一度振り返りましょう。

凄いエピソードでなくても、その思考過程・行動過程に長所が出てきます。

落とし穴④ 自己分析の結果にこだわりすぎる

自己分析の結果、「自分は○○がしたい、○○をするには××業界しかない!」と絞りすぎてしまうケースです。

業界を絞りすぎると、必然的に受ける企業は少なくな

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ