企業研究

  • お気に入り
  • 0SCORE

面接でよく聞かれる質問50選 まとめてみました

面接でよく聞かれる質問50選 まとめてみました

就活において、面接でうまく立ち回ることは、内定をもらうために大切な要素になります。そんな面接では、どういった質問をされることがあるのでしょうか。

今回は、面接でよく聞かれる質問50選を紹介していくので、参考にしてみてください。

質問50選

面接では、様々なことを聞かれることから、自分なりに回答を事前に用意しておくことも大切です。面接の場で、よく質問される内容を50つ紹介していくので、参考にしてみてください。

1.志望動機

就活の面接において、ほとんど聞かれる質問が「志望動機」についてです。具体的に、なぜ志望している企業に入りたいのか明確にしておくことが重要になります。

2.学生時代に熱中したこと

面接をしていて、学生時代に熱中したことはないか、面接官から聞かれることがあります。自分をアピールするチャンスなので、何をどう取り組んだのか答えていきましょう。

3.自己PR

自分の良さを面接官にアピールする「自己PR」についても、よく質問されます。客観的に、自分を見ることが出来ているのか判断されるので、エピソードを交えて話すといいでしょう。

4.自己紹介

就活において、しっかり自分のことを相手に伝えることができるのか「自己紹介」が求められることがあります。印象を決める上で大切なので、しっかり検討してから就活に臨みましょう。

5.他社の選考状況

就活では、他社の選考を並行して行うことが多いのですが、面接官から「他社の選考状況」について質問されることがあります。統一感のない企業を答えると、適当に受けていると勘違いされる可能性もあるので注意しましょう。

6.入社後にやりたい仕事

今後のキャリアについて、本気で考えているか試される質問です。

7.最後に質問はありますか?

面接の最後に、何か質問はありますか?と聞かれることがあるので、何でもいいので質問することが大切です。

8.長所

客観的に自分を見ることが出来ているのか、確認するために質問されることがあります。

9.第一志望ですか?

就活の場面で、第一志望か聞かれることがありますが、第一志望と答えておくことが大切です。

10.短所

客観的に、自分を見ることが出来ているのか、確認するために質問されることがあります。

11.挫折や失敗経験

挫折や失敗経験がないか聞かれることがあります。自分の経験になったと、自己アピールの手段として回答しましょう。

12.サークルや部活動

具体的に、どのような活動をして、得られた物は何か聞かれることがあります。

13.希望職種

企業に志望度を確認するために希望職種を聞かれることがあります。

14.転勤や勤務地

転勤や勤務地について聞かれることがありますが、実際に行くこともあるので、軽はずみな発言をしないことが大切です。

15.気になるニュースは?

興味関心や情報感度について、確認するために質問されることがあります。

16.アルバイト経験

今までアルバイト経験があるのか聞かれることがあるので、エピソードを交えて話すといいでしょう。

17.就活の軸

どのように企業選びを行っているのか質問されます。一貫性のある軸であることが大切です。

18.キャリアプランについて

本気で志望しているのか確認するため、今後のキャリアプランについて質問されることがあります。

19.趣味

趣味について質問されることがあります。素直に答えてエピソードなども交えて話しましょう。

20.入社の意思確認

内定をもらった時に、入社する意思があるのか質問されることがあります。内定の有無に関わるでしょう。

21.研究内容

理系の学生には、研究内容について質問されることがあります。具体的な内容を答えることが大切です。

22.動物に例えると?

中には、面接で動物に例えると?といった変わった質問をされることがあります。

23.自分の性格について

客観的に自分を見ることが出来ているのか、質問されることがあります。

24.資格

今まで、どのような努力をして資格を取得したのか、質問されることがあります。

25.卒論のテーマ

なぜその卒論のテーマを選択したのか、具体的に回答することが求められています。

26.業界への志望理由

なぜこの業界を選択したのか、うまく回答する必要があります。

27.10年後のキャリアプラン

今後のキャリアプランについて、しっかり考えているのか確認するために質問されます。

28.学部を選んだ理由

なぜ今の学部を選んだのか、具体的に答えることが大切です。

29.苦手な人のタイプ

苦手な人との付き合い方は、どういった対処をしているのか回答することが大切です。

30.尊敬する人は?

なぜ尊敬していて、どのような影響を受けたのか、具体的に回答することが求められています。

31.あなたにとって仕事とは?

価値観を各委任するために、仕事とはどういったものと捉えているのか質問されます。

32.時事問題について

面接で時事問題について、聞かれることもあるので、事前調査しておくことが大切です。

33.学生と社会人の違い

社会人の働き方を理解しているのか、社会人になる覚悟が出来ているのか確認するために質問されます。

34.座右の銘は?

就活生の価値観を知るために質問されることがあります。自分のエピソードを交えて回答しましょう。

35.将来の夢

企業の経営方針とマッチした内容で、答えることで評価が変わることがあります。

36.最後に言いたいことは?

面接で聞けなかった、就活生のPRポイントを求められている質問です。

37.キャッチフレーズやキャッチコピー

自分の良さを伝えるためのフレーズが求められています。

38.5年後の自分はどうなっていたいのか?

5年後のキャリアを意識しているのか、就活生の志望意欲を確認するために質問されます。

39.希望しない部署に配属されたら?

希望職種以外に配属されたらどうする?といった質問は、就活生の意欲を試しているので、どこでも頑張ると回答しておくといいでしょう。

40.他社と弊社の違いは?

他社と志望企業の違いについて質問された場合は、具体的な違いを回答することが大切です。

41.特技

特技を身につけるために、どういったことに取り組んできたのか、具体的な回答が求められています。

42.最近読んだ本について

就活生の価値観を確かめるために質問されるので、なぜ読んだのかまで答えましょう。

43.語学力について

語学力がある場合に、どう努力したのか質問されることがあります。

44.留年理由について

留年した場合、なぜ留年したのか改善点なども回答する必要があります。

45.ボランティア経験

ボランティア経験があれば、なぜ取り組んだのか、何を学んだのか回答する必要があります。

46.当社に向いていないと思う

ネガティブな質問として、質問されることがありますが、気持ちを強く持ち、入社意欲を見せることが重要になります。

47.アベノミクス

自分の考えでは、どう思っているのか求められています。

48.働く上で大切なこと

志望企業の特徴とマッチした回答が求められています。

49.学業以外で力を入れたこと

アルバイトやサークルなど、力を入れたことについて、うまくアピールすることが大切です。

50.苦手なことは

自分を客観的に見ることが出来ているのか、確認するために質問をされます。

まとめ

就活の面接では、様々な質問が投げかけられるので、今回の質問50選を参考に、回答を準備しておいてください。

新規会員登録はこちら
ページトップ